週刊少年マガジンで連載中の『DAYS
2018年4月11日発売の19号の第243話のネタバレです。

中学校ではいじめられっ子だった柄本つくしは、高校入学前に同い年のサッカーの天才・風間陣と偶然知り合い、フットサルの誘いを受ける。フットサルの試合に出場した柄本は、下手なりに必死に走ってゴールを奪う。その後風間も柄本と同じ聖蹟高校の生徒だったことが分かり、サッカー初心者の柄本がサッカー名門高校でチームメイトと共に成長していく。

 

『DAYS』を読む

スポンサーリンク





『DAYS』第243話のネタバレ!

激闘決着!
梁山高校と聖蹟高校との試合終了となる。
4対3で梁山高校に勝利した聖蹟高校。

 

奇跡の大逆転により、勝利したことに選手たち、ベンチのメンバーが感激する。
アディショナルタイムに、風間がゴールを決めて、逆転を果たした。
大金星を上げた聖蹟高校。

 

各選手たちが各々喜びを表現する。
観客たちには泣いて喜ぶ者も多く、勝ったことが信じられないものもいた。


その反面、梁山高校の選手たちは悔しさにより立ち上がれない者が多くいた。
各選手たちに梁山高校のキャプテン・加藤が声をかけて回る。

 

 

試合終了となったため、整列を開始する各校選手たち。
お互いの高校で握手が交わされる中、

 

つくしに加藤が
最後のプレーだけでなく、試合を通してすごく良かった」と伝える。

 


その言葉に固まるつくし。
風間がつくしに終わったと伝える。

 

聖蹟高校の選手たちがつくしに駆け寄りもみくちゃにする。
信じられないと言いつつもつくしを賞賛する。

 

観客席に礼をしている時に聖蹟高校の二年生が背中を押せていたかどうか選手たちに尋ねる。
二年生の選手たちは「二年の恥だ」とつぶやく。

 

場面は監督のインタビューとなり、

 

「采配がズバリでしたね」と言われ、

 

中澤監督は「名前だけの監督なので」と答えた後に、メッセージを伝える。

 

あの子たちには教わることばかりです。

 

「我々は目の前の物事に微力を尽くす、それ以外ないと」

 

 

携帯電話を利用している方は

1ヵ月無料利用できる(ブックパス)が便利です!

 

 

『DAYS』第243話の感想と次回予想

今までで最大の相手で、一番長い試合が終わった。
主人公のつくしも今までの葛藤が表に出るような、大きなターニングポイントとなった。

試合に出ること、人の注目を浴びること。
怖いと思いながらも一歩踏み出したことにより、つくしが大きく成長した試合になったと思われる。
今後のつくしの活躍が期待できる。

次回のタイトルが『最後のロッカールーム』となっているので、梁山高校に焦点を当てた話になるだろう。
プロに行く者たちも多いが、どのような想いが表現されるのかが注目である。

 

『DAYS』を読む