週刊ヤングジャンプで連載中の『BUNGO
2022年8月4日発売の最新話、第311話のネタバレです!

 

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓
『BUNGO』を読む

 

少年野球チームのない町に育った石浜ブンゴは買い与えてもらったボールをブロック塀に投げ込む毎日。そんな「壁当て」に心血を注ぐブンゴのもとに、少年野球日本代表の野田ユキオが現れて、二人は予期せぬ対決へ…!! のちに中学校で邂逅した二人は、揃って超強豪「静央シニア」へ入団する──!! 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で、少年達の情熱が乱れ弾ける──!!

 

スポンサーリンク





『BUNGO』第318話のネタバレ!

 

『ブンゴ』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

『BUNGO』31巻の発売日いつ?

 

ブンゴ【318話】悪者

 

7回裏、一打サヨナラのチャンスで打席に立ったのは文吾。
4対4と同点の状況で、彼はあることを心に決めていた。

 

それは、瑛太を勝ち投手にすること!!
文吾の打球が上がると、それは現実となる。

 

高々と上がったボール…。
バットを投げて走り出す文吾は、自然とベンチに目を向けた。

 

文吾の視線に気付き、目を見開く瑛太。
すると、文吾は笑みを浮かべる、瑛太に向かって指を立てる。

 

マウンド上では、崩れ落ちる宮松シニアの鹿島の姿…。
それと同時に、ボールはセンター方向のスタンドに入った。

 

悠々とベースを回る文吾を、睨みつけるのは宮松の真生。
そんな真生の視線を無視し、文吾は仲間の待つホームへと戻って来る。

 

サヨナラスリーランを打った文吾の元に、集まって来る静央の仲間たち。
後輩たちは、文吾の二刀流に尊敬のの声をかける。

 

幸雄はバッティング技術の修正を指導しようとするも、真琴はそれを止めた。
仲間たちに祝福される中、文吾は彼を見つける。

 

この試合、勝ち投手となった瑛太だ!
瑛太は涙を流しながら文吾に近寄り、喜びの声を上げるのだった。

 

一方、マウンド上の鹿島に近付くのは、杉浦兄弟。
涙する鹿島を立たせ、整列を促す。

 

両チームが向かい合い、これで試合終了。
その後、瑛太が真生に握手を求めるが…それを拒否した真生は、中指を立てて見せた。

 

そんな態度を見て、観客からは野次の嵐が…。
最後まで悪役を貫いた宮松シニア。

 

 

観客の野次などモノともせず、胸を張って帰っていくのだった。
一貫して悪役を貫いた宮松だが、その実力は確かなモノ。

 

強かった…。
静央の選手たちは、そう呟く。

 



 

ベンチ裏へと引き上げる文吾たち。
その道中、袴田は調子に乗るなと釘を刺した。

 

文吾の、最後の打席のことだ。
ただ、その事を自覚している文吾。

 

4番の幸雄には回したくない場面だと感じ、甘い球を狙っていたと話す。
それにしても、マン振りしすぎた…。

 

そんな文吾の言葉を聞き、成長を感じる袴田。
しかし、それ以上に文吾の凄さを感じている男が…。

 

今の話を聞いた幸雄は、二刀流のあのライバルを思い出していたのだ。
アメリカのエースで4番を努めた、マイケル…!!

 

幸雄は今、文吾の姿にマイケルを重ねるのだった。

『ブンゴ』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

ブンゴ『BUNGO』第318話の感想と次回予想

 

宮松シニアとの試合が、遂に決着しました。

 

中盤は宮松のペースでしたが、瑛太の力投によって終盤は失点を抑えます。

幸雄のバッティングで同点にまで追いつき、最後は文吾のサヨナラスリーラン!!決勝に進んだ静央は、太陽と対決します!

 

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓
『BUNGO』を読む