ビッグコミックで連載中の「黄金のラフ2 ~草太の恋~」の最新話100話のネタバレを紹介します。

12月25日発売 第1号に掲載されました。

ストーリー
第一部にあたる「黄金のラフ~草太のスタンス~」では、まったく女っ気のない体育会系バカゴルフ道を痛快に描き切ったなかいま強氏。もっと読みたいという読者からのラブコールに応えて、第二部スタート! そしてそのサブタイトルは「草太の恋」! どんな展開になるか担当者も予測不可能です。

 

黄金のラフ2 ~草太の恋~の最新刊の立ち読みは・・・こちら

 

スポンサーリンク





黄金のラフ2~草太の恋~【100話】ネタバレ

黄金のラフ2~草太の恋~【99話】テール・トゥ・ノーズ

 

第100打 いたの?

16番ホール、

草太は第2打で何とか挽回しようとしたが、グリーンオーバーとなったしまった。

 

カップまでは16m、

芝目と傾斜はフックで、狙いはカップの右1.5mである。

 

グリーン周りの芝目の抵抗があるので、

草太はパターのヘッドの先端で打つつもりだ。

 

 

このうち方は、

芯を撃ち抜けば何とかなるが、少しでもずれると軌道は大きく狂う。

 

日頃から練習をしていないと、

ラインと距離を合わせるのは至難の業だ。

 

しかし、変則ショットは草太の得意とするところだ。

「こいつを決めればイーグルだ」草太は思い切って打った。

 

 

あれ!

強すぎる?

 

この勢いでは、カップの木々を通り過ぎて3mオーバーになりそうだ。

 

 

あれれ!!

 

今度は急に勢いがなくなったぞ。

ゾゾゾ… ゾゾゾ…カップの方に向かっている。

 

 

カップインするか?止まるな!!

 

落ちろ!!

 

 

落ちたぁ!!

 

イーグル達成だ!!

 

 

雨の影響で、

水分の抵抗と芝が起き上がった影響で、ボールの勢いが落ちたのだ。

 

マイトはバーディで、結局トップと2打差となった。

 

 

残り2ホール3人の戦略はこうだ。

 

 

草太はあい変わらず、

信じられないような攻撃戦略、ホールインワンまで狙っている。

 

 

ニトロは治のアドバイスによって、

攻め4割、守り6割で難しい残りホールを乗り切るつもりである。

 

 

 

マイトはと言うと

100%守りの戦略、このまま平行移動戦略を取れば優勝はおのずと転がり込んでくる。

 

 

それが現状トップの1番の強みだという。

 

17番ホールに来た。

 

ええっ!!

 

なにっ!!

 

ぬぉっ!!

 

トップが入れ替わっている。

 

 

ニトロがトップではない。

 

 

 

多良川がトップ??

 

多良川って、あの沖縄の兄弟?1

 

8番最終ホールで

セカンドを打った多良川のボールがカップインしてイーグルを取った。

 

その時点で27アンダーとなり単独トップとなったのだ。

 

 

3人の戦略は全く役に立たなくなった。

 

尾崎兄弟は

まだ何とかプレーオフに残る可能性はあるが、草太の3打差は絶望的だ。

 

 

しかし、バリ草の発想は違う。

 

残り2ホールをバーディー、イーグルで回れば追いつける。

 

17番ホールでホールインワンを狙う。

ピンチの時の、草太の異常なまでの集中力がある。

 

 

頑張れ草太!!!

黄金のラフ2 ~草太の恋~ネタバレの感想

奇跡に思える16番ホールの

チップインイーグル、パターの先端で打つという変則ショットでもぎ取ったトップとの2打差。

 

とうとう尻尾をつかんだ。…はずだった。

 

なぜこんなところに

沖縄の多良川兄弟が出てくるのだ。い~やさ~さ!!

 

3人の戦略は明らかに変えなければならない。

 

草太だけはあまり変えなくてよいが??

 

いよいよ残り2ホールとなった。

 

決着はどうなるのか?多

 

良川兄弟はホールアウトしているから、ニトロが得意のプレッシャーのかけようもなく、スコアが下がることはない。

草太いよいよ正念場だ!!

黄金のラフ2 ~草太の恋~の最新刊の立ち読みは・・・こちら