ビッグコミックオリジナルで連載中の黄昏流星群【第553話】のネタバレを紹介します。

553話は、2019年1月20日発売のビッグコミックオリジナルに掲載されました。

 

黄昏流星群【59巻】発売日いつ?最新刊を無料で読む方法!

 

スポンサーリンク





黄昏流星群【553話】ネタバレ

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

553話 遊星シンドローム③

 

主婦友達の誘いで「ママ活」を始めた吉田恭子であったが、大学生だという那須川に心ときめき、一線を越えてしまった。

 

深入りしないようにと、連絡先の交換はしなかったが、その那須川が恭子の店に現れた。1時間後に喫茶店で待ち合わせ、恭子の店がどうしてわかったかを問いただすと、尾行したのだという。

 

これきり会えないのが残念で、タクシーで尾行して、恭子の店それに店の近くにある自宅までつけた。そして今夜あってほしいと言い出した。

 

会いたい気持ちは恭子にもあるが、どうも面倒なことになりそうな気がして、やんわりと断った。すると、那須川は毎日店に行くという。

 

やむを得ず、今夜が最後でそれで二人の間は完全に終わりと、約束を取り付けて会うことにした。結局また関係を持ってしまった。

 

那須川は最後にするのは残念と言うが、金で割り切る関係という事を知らしめるために、多めの金額を包んで渡した。

 

その後、ママ活の友達に会ってみると、トラブルになっている友人がいた。相手の男に100万円を要求された。学生と言うのは嘘で自動車の整備工、しかも知らない間に裸の写真を取られて、100万円出さなければSNSで公開するといわれ100万円を支払った。

 

それなら、その男が連れてきた那須川も学生ではないはずだ。友人と別れた帰り道、その那須川が現れた。問い詰めるとやはり学生と言うのは嘘で、自動車の整備工であった。

 

誘われてママ活の相手は3人目だが、初めて恭子を純粋に好きになったという。しかし、恭子は人妻であり、愛する主人がいる。

 

そのことを告げると、那須川は「その愛する人が居なければ、僕の気持ちを受け入れてくれるのですね。」と何やら恐ろしいことを言い出す。

 

その場は何とか、二度と会う気はないと言って別れたが、何やら面倒なことになりそうで恐ろしい。那須川がストーカーになる可能性もある。

 

お金で済ませられる方がまだましだ。那須川のことを考えていると、顔にも困っていることが現れていたようだ。

 

何か悩み事があるかと、職人にも問われるほど、恭子はいよいよ窮地に陥ってしまった。

最新刊を立ち読みは・・・こちら

黄昏流星群【548話】の感想



 

恭子が恐れるように何やら不穏な空気が流れだした。

那須川の恭子に対する純粋な気持ちは、嘘が無い様であるし、その純粋さが暴走する可能性もある。友達の勧めでママ活をした自分にすべての責任があるが、当初は軽い気持ちでまさか一線を越えるとは思っていなかった。

 

しかもその相手が、お金よりも恭子のことを求めてくるとは思わなかった。

那須川はどう出るだろう?

 

まさか主人に危害を加えるようなことはないと思うが。

那須川の思いつめたような顔が恐ろしい。

 

黄昏流星群【59巻】発売日いつ?最新刊を無料で読む方法!