週刊少年サンデーで連載中の「魔王城でおやすみ」

2019年3月13日に発売された15号に掲載された最新話140話を読んだので感想や内容

ネタバレを紹介していきます。

 

スポンサーリンク





魔王城でおやすみ【140話】最新話のネタバレ

 

【140話】魔王様がお威張り

「王としての威厳を身に付けようと思うのだ!」と部下達に話しかける魔王様。
姫の好き放題を王の威厳があれば解決できると思うと考えながら言う。

 

「我輩の威厳の高め方を一緒に考えないか!」と言う魔王様を前に、部下たちは難しいと考え、用事があると一目散に逃げていった。

 

部下達に逃げられてしまった魔王様は、こうなったら自分だけで考えると決意する。

 

そこへいつも通り脱獄中のスヤリス姫を発見した。
魔王様は威厳を出すためにと装着した髭をつけて。スヤリス姫に背後から近づいていく。

 

背後から近づいてきた魔王様に驚いたスヤリス姫。

 

魔王様は今叱れば偉大な雰囲気を分かってもらえると思い、スヤリス姫を注意しようとしたところ、「鼻毛出てるよ。」とスヤリス姫に髭を思いっきり取られて痛さによろめいた。

 

スヤリス姫は丸ごと取れたことに驚き、外へ髭を投げ捨てた。
魔王様は髭が失敗してしまい、次はどう威厳をアピールしようか考えていた。

 

魔王城食堂の前でそうだ!と思いついた魔王様。
スヤリス姫の隣の席でブラックコーヒーを注文した。

 

ブラックコーヒーは大人のたしなみだから威厳がある、スヤリス姫は飲めないと思いながら、一口飲み込んだ。

 

あまりの苦さに苦しみながらも、姫の視線を感じたため飲めるアピールをしようと口にしたが、吹き出してしまう。

 

「無理しない方がいいよ。」とスヤリス姫。

 

王の威厳とか言っていたけど普段のお酒は甘いのだけで、そもそも苦いコーヒーを飲むのが大人っていう発想がとスヤリス姫に言われてしまい、落ち込む魔王様。

 



 

父上どうすればと思い、はっと父上のマネをすればいいと気づいた。

 

顔の陰影を濃くし、声を低く、背を高くしたが、暗い顔色、無理に出したとぎれとぎれの声、シークレットシューズで足は震えていた。

 

「具合悪いなら…休んだ方がいいよ…」と魔王様はスヤリス姫に病人扱いされてしまった。
ベッドの横で倒れ込む魔王様。

 

スヤリス姫は元気がなく寝てる魔王様を見つけ、王様らしくなりたいなら冠のヘアバンドは君にあげると魔王様の頭に乗せた。

 

 

翌日起きた魔王様は、スヤリス姫からもらった冠をつけていたが、冠の後ろの「コーヒーのめる!」「おヒゲにあう!」の文字に部下に笑われ、冠はスヤリス姫に返すのであった。

『魔王城でおやすみ』など少年サンデーをすぐに無料で読む

『魔王城でおやすみ』の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、少年サンデーも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
少年サンデーを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTで少年サンデーを無料で読む

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

魔王城でおやすみ【140話】最新話のネタバレ感想

魔王様の威厳をみせるための考えが、髭やコーヒーという可愛らしい発想で面白かったです。スヤリス姫が冠を魔王様にプレゼントしていて、スヤリス姫は優しいなと思いました。

 

冠の後ろに「コーヒーのめる!」「おヒゲにあう!」とつけたのはスヤリス姫の優しさだったのかなと思いますが、とても面白かったです。

 

魔王様のベッドでスヤリス姫が寝ていたけど、魔王様は気づいたのだろうかと気になりました。また、魔王様の威厳が発揮できる日はいつか来るのかなと気になりました。