ビッグコミックオリジナルに連載中の「風の大地」

700話のネタバレを紹介します。

2019年10月5日発売に発売された第20号に掲載されました。

 

 

『風の大地』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 
スポンサーリンク





風の大地【700話】最新話のネタバレ

 

風の大地【699話】ネタバレ!

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

700話「聖地の潮目」

 

沖田は、迷い考え込んだ末にドライバーを手に持ち、フックボールを放った。リック・スチュアートよりも、大きなフックボールで、観客の誰もが驚いた。

 

果たして、この高いフックボールが戻ってくるのかどうかを、みんなはいぶかしんだ。

 

今日は、みんながスコアを伸ばしており、ボギー一つで脱落してしまう。

 

 

ロストなら優勝戦線からも脱落してしまうことは目に見えている。

 

 

球筋はフックボールの軌跡を見事に描いており、右から、左へひねって飛んでいくが、その先にはブッシュが待ち構えており、ブッシュにつかまってしまえば、ロストボールとなってしまうのは明白だ。

 

 

リックは沖田がこのコースの癖を知っているのかと怪しんだ。リックは幼いころから、このコースをラウンドしたが、オールドコースだけはラウンドを許されなかった。

 

 

どうしても回ってみたい願望を抑えきれず、誰の姿も見えない朝に、4番から9番までをこっそりと回ってみた。それから幾度も人の目を盗んで、この6ホールを回った。

 

 

リックは世界で一番この6ホールを知っている人間だと自負している。

 



 

そして4番から7番にはティーショットの魔物が住み着いていると言い伝えられてきたが、その正体を知っているのは、リック一人だと信じている。

 

その癖は、世界最古のコースとされているオールドコースだけが持つ癖なのだ。だから、この4番ホールではリックはフックボールを放ったのだ。

 

 

そして、なぜかコースの癖を知るはずもない沖田が、リック以上の大きなフックボールをティーショットで放った。

 

 

わずか4日間のラウンドでこのコースの癖がわかるはずはない。

 

ただ、リックをまねてフックを打っただけなのに違いないと考えた。

 

沖田のボールは340ヤード先のブッシュをかすめながら超えて、すざまじい勢いで転がっていく。

 

 

388ヤード先には2つのバンカーがあるが、その脇をすり抜けて、まだ転がっていく。そして結局、グリーン近くの絶好のポジションまで転がっていった。

 

350ヤードのキャリーと、60ヤードの乱で410ヤードの奇跡とも呼べるティーショットになった。

『風の大地』などビッグコミックオリジナルをすぐに無料で読む

風の大地の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、ビッグコミックオリジナルも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
ビッグコミックオリジナルを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでビッグコミックオリジナルを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

風の大地 ネタバレ!最新話700話の感想

風の大地【76巻】発売日はいつ?

 

沖田の本能的な勘と呼べる感性から、4番ホールの魔物を感知し、宇賀神さんの教えに従って、リックの模倣のショットを放った。

 

模倣といっても、模倣を超えるショットで、410ヤードを超えるティーショットとなった。グリーン近くまで転がったボールで、このホールはバーディは間違いがないだろう。

 

しかし、あと3ホールつまり5番から7番までは魔物の住むコースと言われており、少し気を緩めると風と大地が牙をむいて襲ってくる。この4番ホールのような幸運に恵まれることはできるのだろうか?

風の大地の立ち読みは・・・こちら