週刊少年マガジンで連載中「青のミブロ」の最新話が

2022年3月2日発売日の14号に掲載されましたので

青のミブロ【第19話】を読んだ、内容や感想などを紹介します。

 


『青のミブロ』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

『青のミブロ』の最新刊をチェックは・・・こちら

 
スポンサーリンク





青のミブロ【19話】ネタバレ

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

青のミブロ 第19話 おかしなこと

 

帯刀を許されたにおは、土方と一緒に鶴屋に向かい、見張りをする太郎と合流します。
世都への聞き取りを2人に任せる土方。

 

におは自分たちが襲われた件について、世都が関係していると感じています。
世都は寿太郎が持っていた手紙を見せられますが、あくまでもシラを切り続けます。

 

暗殺者への連絡手段は伝書鳩を使ったと推理するにお。
細かな洞察力に太郎は驚きます。

 

しかし伝書鳩は幕府から禁止されています。
見つかればお縄になります。

 

太郎はザマみろと思いますが、それでも証拠はないと世都は反論します。
におは世都が何をしたいのか、その本心を考えても分かりませんでした。

 

世都は人を斬ることが良いことかと、におに質問をします。
世襲の話に始まり、とかく世の中はおかしなことだらけだと不満を述べる世都。

 

会津を憎む人々に情報を提供したのは面白いから。
いたずらだと答えます。

 

 

におは人が殺された事実から、これ以上は世都がエスカレートした場合は許すつもりはありません。
暗殺者の居場所を教える世都。

 

 

お手柄なはずですが、その受け取りをにおは拒否します。
ミブロが独自に賊の宿を見つけると、世都に満面の笑みを浮かべるにお。

 



 

余所者に地元の京都が荒らされて、世都の本心は怒りでした。
だから余所者同士の潰し合いを企てたのです。

 

最後までおとぼけの世都でしたが、去り行くにおを面白い奴だと評価します。
暗殺者が潜む旅籠へと到着したミブロの一行。

 

気合いの入る近藤を先頭が足を踏み入れようとします。

 

青のミブロなど週刊少年マガジンをすぐに無料で読む

青のミブロの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、週刊少年マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
週刊少年マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

青のミブロ【19話】まとめ話

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!

 

高度な駆け引きをする、におと世都の二度目の聞き取り。

世都はにおに色々と指摘されますか、浪人たちへの情報提供は、決して悪意からの行動はありたせんでした。 結局のところ、地元から余所者を排除したかったようてます。 そ

の暗殺者たちの宿を見つけたミブロ。 次回は討ち入りでしょう。