ビッグコミックで連載中の

空母いぶき GREAT GAME(グレートゲーム)

2020年1月25日発売の3号に掲載された

最新話、第26話の4巻収録のネタバレです!

第26ソーティ「訓練海域NZ」

 

空母いぶきグレートゲーム【3巻】発売日とネタバレ!

 

 

日本が尖閣を巡る戦闘を経験してから5年後の20YX年。
氷の融解が進む北極海に、海上自衛隊の護衛艦が調査目的で派遣される。
艦長は、蕪木二佐。空母「いぶき」の次期艦長に推されているこの男が大きな決断に迫られる…‼

作者:  かわぐちかいじ
原案協力:  惠谷 治
協力:  八木勝大・潮匡人

 

 

最新刊の空母いぶきの立ち読みは・・・こちら


『空母いぶき』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ
最新号のビッグコミックを読もう!
※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

スポンサーリンク





空母いぶきグレートゲーム【第26話】最新話のネタバレ

 

空母いぶきグレートゲーム【第25話】ネタバレ!

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

空母いぶき【13巻】最終巻のネタバレ!

 

 

GREAT GAME(グレートゲーム)
第26ソーティ 「訓練海域NZ」

 

 

空母いぶきグレートゲーム【3巻】発売日とネタバレ!

 

 

新しく編成された第5護衛隊群。

その初の訓練海域は北太平洋となる。

 

 

 

 

それは対ロシアを想定したものだ。

これは秋津群司令の強い意志で実現した。

 

 

 

 

この最終決定をした柳沢総理の度胸もなかなかだ。

いぶきでそれぞれの艦長が会議をする。

 

 

 

今回の訓練海域を北(N)の極限(Z)「NZ」と命名。

 

 



 

 

第1クールは対潜哨戒訓練を行う。

そして、第2クールは対空防衛訓練となる。

 

 

 

ロシア機と実際に戦った梅津によると、

ロシア機の性能はほぼF35と同格。

 

 

 

 

となれば勝敗の行方は搭乗員の技量となる。

彼我の機数は16対9。

 

 

 

 

消耗率を20~30%と考えなければならない。

しかし、秋津から消耗率を10%に抑えなければ艦隊への負担が大きい。

 

 

 

迫水からそれでは航空団全体の技量を150%まで引き上げなければならないと返すと、

秋津は200%を目指してほしいと言った。

 

 

 

 

その時、蕪木の手が上がる。

まず損がありきの作戦ならばやめた方がいい。

 

 

 

 

我々が目指すのは一機も失わず、一人の犠牲者も出さない作戦を立ち上げ訓練することでしょう。

しかし、それぞれの艦長は焦らないでいる。

 

 



 

 

 

海自きっての最新鋭の優秀な艦が揃っている。

 

 

 

損害を出さない作戦があるはずだというと、

秋津は蕪木にその思考を基に訓練方法を立案しろと言った。

 

 

 

総理官邸では第5護衛隊群が北太平洋で訓練している。

ロシアと緊張状態、ひいては第二次日露戦争になるのでは?と危惧するマスコミが大勢押しかけていた。

 

 

 

柳沢総理は将来に向け日本にとって、

北の防衛は大切であるというメッセージとすると力強く発言した。

 

 

 

横須賀基地からいぶき艦隊が訓練海域である北太平洋に向け北上した。

 

空母いぶきグレートゲーム【3巻】発売日とネタバレ!

『空母いぶき』ビッグコミックをすぐに無料で読む

 

空母いぶきグレートゲームの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、ビッグコミックオリジナルも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
ビッグコミックオリジナルを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでビッグコミックを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

空母いぶきグレートゲーム【26話】ネタバレと感想

 

『空母いぶき』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ
最新号のビッグコミックを読もう!
※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 

秋津は蕪木の決断力の鋭さを買っているのだろう。その為、いぶきの艦長に推薦した。しかし、蕪木をしっかりコントロールするのは至難の業だろう。

次回、北太平洋で訓練を開始したいぶき艦隊。蕪木が立案した訓練方法とは!?