ビッグコミックオリジナルで連載中の

新黒沢 最強伝説の最新話134話のネタバレを紹介します。

12月4日発売された第24号の内容です。

 

「新黒沢 最強伝説」の最新刊の立ち読みは・・・こちら

 

スポンサーリンク





新黒沢 最強伝説【134話】ネタバレ

 

第134話 一閃

恋之助の蹴りを受け死地に向かっていた黒沢が、仲間たちの声援を受け帰還した。

 

観客は大騒ぎである。

 

殺戮王、野獣、悪鬼の黒沢が立ち上がった。

 

なんとしつこいのか。

 

恋之助サイドの観客はとどめを刺せという、黒沢サイドの観客は黒沢の頑張りに感涙を流す。

 

恋之助は黒沢に問う。

 

なぜ、そんなに頑張るのか?

 

仲間の手前、あっさり負けるわけにはいかないからか?

 

見栄か?

 

しかし結果は一緒だという。

 

 

恋之助はもう決闘慣れしたから、黒沢のヘロヘロな状態で出すパンチは当たらない。

 

黒沢よ、お前はずっと頑張ってこなかったホームレスのクズであろう。

 

もう、今更頑張らずに楽になれ。

 

恋之助は黒沢をなめ切っている。

 

しかし、神林は黒沢の目が死んでいないことを見破る。

 

黒沢は勝つ気で何か企んでいるという。

 

いやたくらみではない。

 

 

黒沢が見せるつもりでいるのは究極の世界、銭勘定の合気道に明け暮れる輩には絶対に届かない奥義であり、神業である合気の力を見せてやるという。

 

黒沢と友の力が重なり、融合・合致した時に出来る神業を見せると。

恋之助はなめ切っている。

 

神林も黒沢の言うことが分からない。

 

恋之助は強気で攻める。

 

打つ!!打つ!!打つ!!

 

すべてのパンチが黒沢にダメージを与える。



 

黒沢には反撃の力なんて残っていない。

 

今こいつに残っているのはブラフ、意味ありげなことを言って休み、時間稼ぎをするだけ、打つ!打つ!

 

打つ!

 

またまた、黒沢は耐え切れずダウンする。

 

恋之助は調子に乗って攻撃する。

 

しかし黒沢は言う、俺にはまだ奥の手がある。

 

黒沢は「気」を打つ。

 

しかし効果はない。

 

恋之助は言う、黒沢よ、お前は気でも触れたのか、それは俺が一番良く知っている。

 

「気」なんてものはないのだ。

 

しかし、黒沢の次の一撃は恋之助の顔に一閃、ブワッと強い風を送った。

 

よろける恋之助、慌てふためく。そんな馬鹿な!!「気」なんかは無いのだ。

 

しかし今の強い風は何だ!

 

よろけるほどの強い風は。

 

スキあり、恋之助の顔に黒沢の渾身の、執念の、憤怒の一撃がヒットする。

 

強烈な一撃で、たまらず恋之助は仰向けにひっくり返った。

 

新黒沢 最強伝説 ネタバレの感想

黒沢の怒りの一撃が恋之助の顔面にヒットした。

初めての渾身の一撃のヒットである。

 

恋之助は立ち上がるか、いや立ち上がれまい。

 

様々な仕掛けや罠で黒沢をいたぶり、

圧倒的優位に立ちながら、最終の勝利をつかめなかった。

 

しかも、もともと気の弱い恋之助が

精神的なショックも受けて、またしり込みをするであろう。

 

しかし、黒沢のあの秘儀は何だったのだろう。

 

またまた、炸裂するのか。

また、恋之助がダウンしたにも関わらず、神林や弟子たちの悪だくみはまだまだ続くのか?

 

「新黒沢 最強伝説」の最新刊の立ち読みは・・・こちら