呪術廻戦【第69話】は

2019年7月29日発売日の週刊少年ジャンプ35号に掲載されました。

最新話のネタバレを紹介します。

 

気になる方は、読んでください。

 

最新刊の立ち読みは・・・こちら

ストーリー

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。

 

スポンサーリンク





呪術廻戦 69話 最新話のネタバレ

 

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

呪術廻戦【6巻】発売日は?

 

第69話「懐玉-伍」

 

五条が理子の居る礼拝堂に飛び入ると、

女子校ゆえに目立ってしまい騒ぎになってしまいます。

 

いとこであると誤魔化しますが、

五条がイケメンをアピールするのもあって騒ぎは収まらず、たまらず先生が生徒を黙らせます。しかし先生も五条に電話番号を渡そうとし、また騒ぎになってしまいます。

 

 

そんな賑やかな校内から理子を連れ出し、

そのまま呪術高専に向かうことになります。

 

 

その姿を校内に侵入してきた紙袋を顔にかぶった呪術師が目撃します。

 

そこに世話役の黒井がモップを手に接近し肉弾戦を仕掛け、相手の攻撃をいなしてモップで金的を決め優位にたちます。

 

夏油も合流し、五条が理子を連れて脱出したこと告げます。

 

それ聞いて先程目撃したのがターゲットであることを確信した紙袋の呪術師は、ドロドロと溶けてその姿を消してしまいました。

 

その頃、理子を連れた五条は

全員がまったく同じ背格好の四人の紙袋の男に囲まれていました。

 

 

夏油からの報告を受けていると、先程消えたであろう紙袋の男も五条たちのもとに現れ、都合五人の男に包囲されることになります。

 

しかし五条は動じず、まず二人を手元に吸い寄せて衝突させ一瞬で二人始末します。

 

さらに二人が攻撃を仕掛けてきますが、

五条の周りには『無限』が広がっておりその攻撃が届くことはありません。

 



 

 

さらに二人倒し相手は一気に一人になります。

 

紙袋の男の術式は自分を含めた最大五人の分身を作り上げることで、どれが本体かは任意に選択できるというものでしたが、肝心の本体が弱く圧倒されてしまいます。

 

五条は特別な目を持っており、

見るだけでその術式がわかってしまうようです。

 

五条は『無限』を強化することでマイナスの空間を作ることが出来、それを使って最初に二人をやったように相手を吸い込むことが出来ます。

 

 

そしてその無限の術式を反転させて

発散させることでさらに強力な攻撃に転じることができます。

 

が、過去の五条はまだ習得に至っていないようで不発に終わりました。

 

結局殴って相手を倒し撃退に成功します。

 

そこに黒井の携帯電話から理子に連絡が入ります。

理子の携帯電話に写っていたのは、捕縛された黒井の姿でした。

 

呪術廻戦【6巻】発売日は?

『呪術廻戦』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


呪術廻戦【69話】あらすじ

 

襲撃を受け、五条は理子を連れ学校を脱出し高専に向かおうとします。

襲撃して来た呪術師は五条の圧倒的な強さにより余裕を持って撃退しますが、夏油と一緒にいたはずの世話役の黒井がいつの間にか何者かに捕まってしまいました。

 

最期に 呪術廻戦【69話】ネタバレの感想

 

呪術廻戦【69話】のネタバレ・感想を紹介しました。

 

女子校にイケメンの男がやってきた時のシチュエーションをしっかりやって、緊迫した場面ですがちゃんとギャグのメリハリもあってよかったです。

 

先週明かされた五条の能力である『六眼』というのはまだはっきりとは語られていませんが、どうやら見ただけで相手の術式がわかってしまう能力ということでしょうか。六眼による分析と無限による防御、と作中最強キャラと言われてるだけあって隙がありませんが、過去編ということでまだ若さが目立つ描写がされていますね。

 

黒井が捕まってしまったのは、現代では敵となっている夏油がここで裏切ったのか、伏黒父にやられてしまったのか来週が気になるところです。

 

漫画の最新刊を無料で読む方法