呪術廻戦【第177話】は

2022年3月7日発売日の週刊少年ジャンプ14号に掲載されました。

最新話のネタバレを紹介します。

 

気になる方は、読んでください。

 

最新刊の立ち読みは・・・こちら

ストーリー

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。

 

呪術廻戦【20巻】発売日は?


『呪術廻戦』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 
スポンサーリンク





呪術廻戦 177話 最新話のネタバレ

 

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

呪術廻戦【20巻】発売日は?

 

第174話「仙台結界④」

 

仙台での乙骨の戦いの続きとなる。

 

前回 遠距離から攻撃を仕掛けてきた石流に対して、策を練り接近戦に持ち込んだ乙骨。

 

実際に乙骨と対峙して改めて石流はその規格外の呪力の大きさに驚き、「大きな水槽を殴っている様」と形容する。

 

 

しかし1度目の人生でそれなりに満足な人生を送ってきた石流が求めているのは「デザート」と自身が形容する 本当の強敵との命のやり取り。

 

そんな戦いを求めている石流にとっては、乙骨は恰好の「デザート」でしかなかった。

 

だが戦闘の局面は乙骨vs石流の1対1の状況が許される状況ではなく、前話で乙骨と戦った烏鷺もその戦いに参戦して来て、三つ巴の戦いの様相を呈してくる。

 

 

2人の強者と同時に戦いながら消耗していく乙骨はかつてなく追い詰められていき、石流をして「漸く(乙骨の)底が見えてきた」と看破される。

 

 

乙骨をデザートと形容していた石流にとっては 底の見えた乙骨は閉店間際のケーキ屋の様なもので「お前じゃなかったか。。」と明らかに落胆をする。

 



 

 

ただ乙骨自身の呪力の底が見えたとしても乙骨にはリカという切り札があった。

 

一般人をも巻き込みかねない戦い方をする強敵2人を、この場で倒すためにはリカの力が必要と判断した乙骨はリカを呼び寄せて戦うことを決意。

 

しかも敵の力量を認める乙骨はリカに「全部」つまり全力で戦う事を指示する。リカの全力がいよいよ次回 初めて明かされる。

 

スタジアムデで一般人を守る役目を与えていたリカ

 

呪術廻戦【20巻】発売日は?

『呪術廻戦』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

最期に 呪術廻戦【177話】ネタバレ

 

呪術廻戦【177話】のネタバレ

仙台での乙骨の戦いが続く。

烏鷺につづき石流も強敵で乙骨と1vs1で互角の戦いをするであろう2人との三つ巴の戦いでは2人を倒す事は難しいというところまで追い詰められてしまい、乙骨は最終的にリカを呼び寄せる事を決意する。

 

漫画の最新刊を無料で読む方法