ビッグコミックオリジナルで連載中の

刑事ゆがみの最新話68話のネタバレを紹介します。

2019年2月20日に発売された第5号の内容です。

 

「刑事ゆがみ」最新刊のチェックは・・・こちら

スポンサーリンク





刑事ゆがみ【68話】最新話のネタバレ!

 

刑事ゆがみ 漫画【67話】のネタバレ!

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

第68話 「闇に迷う石」

高校の同級生だった一枝が自殺をして、その責任があると言われた高瀬麗奈は一枝の家族からの攻撃を防ぐために、登利絵の勧めに従って、“先生”の力を借りた。

 

その費用は300万円だったが、一枝と同じ目に合わせると言っている一枝の家族の攻撃を防ぐためにはやむを得ない費用だった。

 

300万円を受け取った登利絵は“先生”からの領収書だと言って、プラスティックの石を手渡し、それをいつも身に着けているようにと言っていた。

 

しかし、その石はゆがみが以前から調査をしている、連続殺人犯が潜んでいると思っている教団コスモスの石だった。

 

ゆがみの相棒の竜波もその石に関心を持っており、その石を持っていた人は、自覚のないままコスモス教団、そして連続殺人犯のロイコに操られているということだと思っていた。

 

しかし、今回のゆがみはちょっと変わっていた。立浪に探偵ごっこをしていないで、ちゃんと仕事をしろと説教をした。実はゆがみは連続殺人犯のロイコが宗教法人を乗っ取って陰で操り、その資金力と組織力を利用しようとしていると推理している。

 

宗教法人は人の善意を前提に成り立っており、楽しみで人を殺し、それを隠ぺいするために宗教法人を利用しようとしていることなど想定外のことでそんな人間がいる事など考えもしていないのだ。

 

宿主を生かしながら命をむさぼる寄生虫がいることなど、考えもしないのが宗教法人だ。しかも、この考え方は証拠がないため、いくら訴えても取り上げてもらえない。

 



 

以前ゆがみも大騒ぎをして空振りしたことがある。だから2度は空振りできないのだ。オオカミ少年が最後は狼に食われたように。

 

相棒の竜浪の考える“自覚のないままコスモス教団に操られる”人間がここにいた。登利絵は“先生”が心配していると言って、麗奈の夫が浮気をしていて、女にはお腹に子供までいるという。

 

その話は全て当たっていた。麗奈は“先生”をすっかり信用していた。

 

その先生が困っているという。

 

麗奈の問題処理で人を殺しその問題を引きずっており、解決のために500万円がいるらしい。登利絵は夫の生命保険も視野に入れて500万円を準備せよという。

 

「刑事ゆがみ」最新刊のチェックは・・・こちら

刑事ゆがみ【漫画】ネタバレ!

登利絵の言うがままに操られる麗奈、冷静に考えれば何一つ実態を見たものはなく、ほとんどが電話で脅迫などの被害にあっただけだ。

 

しかも夫の浮気相手についてはその電話が本人かどうかも分からない。それでも登利絵の言う“先生”にすがりたいと思っているのだ。

500万円の出費はどのように捻出するのか。

以前の費用は親戚にも借りたため、もう借りるところはない。

悪徳金融業者か、夫の生命保険か?いずれにせよ大変なことだ。一度すべてを洗いなおして、冷静に判断すべき時が来た。