週間少年マガジンで連載中の「五等分の花嫁」

最新話となる113話のネタバレと感想を書きました。

2019年12月4日発売の1号に掲載された内容となります。


 

『五等分の花嫁』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 
スポンサーリンク





五等分の花嫁【113話】最新話のネタバレ!

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

五等分の花嫁【12巻】発売日とネタバレ!

五等分の花嫁の漫画!ネタバレ

 

113話「最後の祭りが風太郎の場合」

 

風太郎、武田、前田が学園祭の後夜祭で話していました。

 

 

学生バンドのアンコールライブで歌う浅野が入試直前なのに付き合いだしたそうで、武田はこの時期にそれは迂闊と言うと前田がなぜか落ち込みます。

 

 

前田は落ち込みを否定しますが、翌日からまたいつもの日常に戻ることを思うと落ち込むと言いました。

 

 

風太郎と武田は授業受けられることにワクワクすると言い前田は異常者だと突っ込みます。

 

風太郎は学園祭が終わることに寂しさがあると言い、屋台に誘う前田に風太郎に同調しつつそれを終えたら会う約束をしていると言いました。

 

 

2人はすぐにピンと来ていて、授賞式に5人来ていたと言い、前田はなぜか一花だけは何となく見分けられると言います。

 

 

武田に当然見分けられるだろうと聞かれた風太郎は自信ないけどできると言い、散々彼女らに騙されてきたことを懐かしく思い出しました。

 

 

武田に誰から見分けられるようになったのか聞かれると風太郎は黙った後、屋台行こうと言いだします。

 

 

何とか聞き出そうとする武田ですが、前田がずばり5人の中の誰かが好きなのかと言い、風太郎は固まりました。

 

 

武田はこんな受験の佳境でそんな余裕あるのかと言うと、風太郎は黙り込むのですが、前田は突然告白すると言いだし、風太郎にも覚悟を決めるよう言います。

 

 

 

武田は学生の本分は学業だと言いますが、風太郎は学業以外を捨てる必要はなかったことを五つ子に教えられたと言いました。

 

 

それがなければきっと今も一人だったと言い、2人にかっこつけていると言われ、3人で屋台行くことにします。

 

 

その時、四葉と一緒に作った休憩所をありがたく利用する女生徒がおり、風太郎は満足そうに彼女らを見ました。

 



 

以前、五月が風太郎に5人それぞれ別の場所で待つことにすると言いましたが、そこまでする必要がないという風太郎にこれが自分たちの覚悟だと理解するよう言います。

 

 

風太郎は深呼吸し、後夜祭終了のアナウンスが流れてからある部屋に入りました。
5人はそれぞれの反応をし、五月と一花は満足そうで、四葉は何かに気付いた感じです。

 

 

二乃は三玖に終わったと告げられて涙し、2人で抱き合いました。

 

 

一花は風太郎に以前五つ子に例えた缶ジュースを買うように迫り、彼がオレンジジュース買ってきたことを思い出します。

 

 

五月は何か悟ったようにこれからだと話していました。
四葉は保健室に置き忘れたスマホを取りに戻るとそこに風太郎がおり、待たせたなと言われました。

五等分の花嫁【12巻】発売日とネタバレ!

 

『五等分の花嫁』などマガジンをすぐに無料で読む

五等分の花嫁の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでマガジンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

五等分の花嫁【113話】最新話のネタバレ感想

 

『五等分の花嫁』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

今回で本当に誰か一人に決まるのか、なんだかんだで先送りになるのかと思っていたら、ついに風太郎が1人を選んで驚きました。

 

 

選ばれた相手は王道過ぎてないのではないかと思っていましたが、考えてみるとこれから解決しないといけない問題があるのは彼女だけなので当然の結果なのかと思いました。でも五つ子みんな魅力的なので、二乃の涙が切なくてたまりません。

 

これからどんでん返しがあるのかとも思いましたが、作者が14巻で終わりだとツイートしていたのでそれはないでしょう。残りコミックス1冊分、どうエピソードが積み重ねられて行くのか楽しみで仕方ありません。