グランドジャンプで連載中の『プレイボール2
2019年8月21日発売の第55話のネタバレです!

 

プレイボール2【6巻】の発売日いつ?

 

不朽の名作「キャプテン」「プレイボール」待望の続編!! 努力の天才・谷口キャプテンが率いる墨谷高校野球部は甲子園出場を目指し、金属バットではなく竹のバットで練習を重ねていた…。

しかし問題児・井口が“竹バット”の掟を破ってしまい──!?

 

スポンサーリンク





プレイボール2【第55話】ネタバレ

 

プレイボール2のネタバレ!

 

『プレイボール2』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

55話 堕ちた信頼

 

大島工業にまさかまさかの満塁ホームラン。
8回までコールド負け寸前の大島が、この回一挙5点。

 

ついに10対8と2点差まで墨谷に迫ります。

 

コールド勝ちがなくなりテンションが落ちたままのか、スピードは速いが気持ちの乗っていない井口のボール。

 

つまりは棒球。
芯に当たれば飛んでいきます。

 

 

セカンドの丸井は井口に深夜まで特訓に付き合ってきました。

 

コールド勝ちを逃しても、勝利はほぼ確実なのにオタオタしてしまう精神面の弱さに驚いています。
マウンドに集まる墨谷ナイン。

 

さすがにこれはピッチャー交代だろうと思う中、続投を志願する井口。
イガラシは見っともないことするなと思います。

 

負けたら終わりの高校野球で

今は井口に試練を与える場面ではないと、谷口も意見は厳しいです。

 

このまま押し切れと倉橋は思いますが、あと一人ランナーを出したら即交代という条件で、谷口は井口の続投を認めてしまいます。

 

倉橋やイガラシは谷口は仏すぎると感じます。
新入生を鍛えることの難しさを痛感する谷口。

 

気持ちにスキがあった、良いところを見せようとしたと、自分の甘さをバネに井口の球威は増すもののストライクが入りません。

 

結局ストレートのフォアボール。
最悪の状況でマウンドを降りていく井口。

 

 

もう今大会で投げることはないと落胆します。
主審に交代を告げる谷口は自らマウンドに上がり、1塁は加藤が入ります。

 

谷口は既に3回投げて3失点。

 

体の重そうな谷口を案じてイガラシは自分が投げるかと言いますが、ここは1年生を信頼せず3年生が尻拭いをするとこれを拒否。

 



 

またも采配を間違えたのかと一瞬考えますが、肝心どころはキャプテンでの自分が抑えると覚悟を決めます。

 

谷口は気合いの入ったボールを投じますが、4人の中で一番球威はありません。

 

どんなに猛練習しても上手く事は運ばない状況に“自分たちが甲子園を目指すのはおこがましいのか?”と自問自答します。

 

大島工業は谷口の2球目を芯で捉えます。
ライトへの大飛球。

 

これだけは絶対に捕ると決意する片瀬。
フェンスに背を向けてボールの落下に備えます。

 

入れば同点。
果たしてボールの行方は?

 

プレイボール2【6巻】の発売日いつ?

『プレイボール2』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

『プレイボール2』感想と次回の予想

 

ガッカリしてマウンドを降板した井口でしたが最後のバッターには反省しながら投げてはいたので、この試合に勝利すれば次にスターティングメンバーとして出場する可能性はまだありそうです。

 

いつも弱味をみせない谷口が珍しく愚痴っていました。

 

最後の大飛球。 鬼籍に入られたちば先生ならば、フェンス側のプレーは捕球すると勢いフェンスに激突して選手がうつ伏せで倒れるか気を失う描写が多かったですが、そこまでリスペクトするのでしょうか。