グランドジャンプで連載中の『プレイボール2
2019年6月5日発売の第50話のネタバレです!

 

プレイボール2【6巻】の発売日いつ?

 

不朽の名作「キャプテン」「プレイボール」待望の続編!! 努力の天才・谷口キャプテンが率いる墨谷高校野球部は甲子園出場を目指し、金属バットではなく竹のバットで練習を重ねていた…。

しかし問題児・井口が“竹バット”の掟を破ってしまい──!?

 

スポンサーリンク





プレイボール2【第50話】ネタバレ

 

プレイボール2第49話のネタバレ!

 

 

50話 巧妙なスライディング

 

 

墨谷高校は初回4点と早くもビッグイニングになった。
ワンアウト二塁に半田。

 

 

バッターは7番に下がった井口だ。
この試合初めての左バッターに初球は外角へ逃げるシュート。

 

 

空振りした井口は慌ててタイムを取りベンチに戻り、左バッターにはストレートのタイミングで問題ないションベンシュートを投げる偵察メモを確認する。

 

 

 

井口に対して谷口はあくまでも「芯でコツコツと」と指示をするが、2球目のシュートを100%ヒットになると過信して強振。

 

 

 

しかし結果は平凡なライトフライになる。
ライトがボールをキャッチする。

 

 

ここでコーチャーの号令が分かれる。

 

1塁の瀬戸はゴー!

 

3塁の久保はストップ!

 

 

ランナーの半田は久保に済まないと思いつつ、瀬戸の判断を信じてタッチアップを敢行する。
足は速いとは言えない半田。

 

 

 

ライトからは半田がサードに到達する前に返球されるが、それを承知でサードのグラブ目がけてヘッドスライディング。

 

 

 

土煙りの中、サードはグラブから落球するが上手くボールを拾い上げてアウトをアピール。
半田と久保はセーフと主張するも、審判の判定は何とアウト!

 

 

 

納得がいかない久保は今のはセーフだと3塁審判に抗議をする。

 



 

「審判は絶対だ」とする谷口は急いでベンチを飛び出して久保を制する。
しかし今度は半田が同じように抗議を始めた。

 

 

井口まで駆けつけ何とかその場を押さえたが、半田は不満そうにライトの守備に向かう。

 

 

井口は振り切ったバッティングをしと谷口に詫びるが、思い通りにはいかないし次の打席に期待しているとマウンドに向かう。

 

 

ベンチに戻った久保と瀬戸は

判断が違ったことをお互いに謝る一方で、半田の細かいプレイに感心している。

 

 

 

ともあれ初回に4点を先取した墨谷。
マウンドにはエースナンバーの谷口が初先発だ。

 

 

しかし瀬戸には一抹の不安がよぎる。

 

一昨日の半田の特訓に

付き合った谷口は、10球までと言いながら実は300球も投げていたのだ。

 

果たして彼の疲労は回復しているのか。

 

プレイボール2【6巻】の発売日いつ?

『プレイボール2』感想と次回の予想

 

 

昭和の野球だと感じるシーンを二つほど。

 

一つ目は2塁ランナーがキャッチャーの構えを教えるシーン。 ルールブックには反則行為として明記はされてはいないが、ここ最近の傾向では卑怯、非紳士的行為として捉えられている。 二つ目は誤審について。

 

当時は「俺がルールブック」だと宣った審判がいたほどグランドでの権限は絶大であった。 今ではビデオ判定やチャレンジなど救済措置が整い、訴えた選手は「よくぞ言った」と褒められるが、この時代では「なんてバカなことを」と蛮勇にしか捉えられないのは時代であろう。

 

次回は谷口対強打の大島打線の対決が始まる。