週刊ビックコミックスで連載中のフォーシーム(漫画)
5月25日発売の第11号の最新話、第150話のネタバレです!

 

かつての豪速球投手・逢坂猛史36歳!! 王様気質で暴れん坊でバツイチで、峠を過ぎたと揶揄される先発投手!! 日本中が注目する大一番のマウンドで、交代を告げられた逢坂は、なんと自軍の監督をネックハンギング!! 至極当然どこからも見放される逢坂が、次なる戦場と定めたのは、なんとメジャーリーグだったから球界騒然ッ!!

 

コミックのレンタルもおすすめです。
見たい単行本だけ借りる事ができる

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!

 

スポンサーリンク





フォーシーム【漫画】 第150話 最新話のネタバレ

 

フォーシーム!第149話のネタバレ

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

第150話「気づき」

 

 

最終戦が始まっているが、逢坂がロッカールームでチームメイトに言った言葉がみんなに引っかかっている。

 

「来年度は俺がオーナーで、お前たちは俺に頭を下げるのだ」それを聞いただけで全員頭に来たようだ。

 

なんと今までは犬猿の仲の、ケンプとパウエルが手を結んで、フリオとベッケンマイヤーに言ったらしい。「中盤まで何としても俺たちでリードを奪う。

 

 

その後はお前たちがそれを守り、オーサカにつないでくれ。」そう言われてフリオとベッケンマイヤーは任せろと返事をしたらしい。

 

 

一塁側のベンチでは、ケンプが逢坂の胸ぐらをつかんで言い合っている。

 

 

「何だと!!お前がオーナーだと!!ふざけるんじゃない!!たかが1年大リーグで投げただけで、オーナーなんかに成れるものか。」そこへスカルタスが仲裁に入り、逢坂は英語が喋れないので後でよく言って聞かすから、とケンプをなだめる。

 

 

ケンプは引かない。

 

 

「英語が喋れないなら。黙って居させろ!!」

 

それを聞いて逢坂は、チャックで口を閉じる仕草をした。

 

 

馬鹿にされたケンプは怒り狂う。

 

 

逢坂は何処まで英語を理解しているのだ。

 

 

そこへ投手コーチのネッツガ―シュミットが現れ、試合に集中しろと全員に注意をした。

 



 

 

ネッツガ―シュミットは逢坂をブルペンに追いやってから逢坂を擁護する。

 

 

逢坂憎しでベンチが一つになった。

 

考えても見ろ、ケンプとパウエルが横に並んで、同じ方向を見ているなんて奇跡を見ているようだ。

 

今日が特別なゲームでどうしても今日は勝たなくてはならないから、皆をプレッシャーから解放させて、いつも通りにプレーさせるために、憎まれ役を買って出ているだけだ。

 

 

彼は、日本人特有のおのれを殺してでも、君に尽くす武士道、美しい犠牲的精神の持ち主だ。

 

 

そこまでネッツガ―シュミットは話し、その後、プッと噴き出してみんなと一緒に大笑いしてしまった。

 

あいつに限ってそんなことはないか!!

 

 

誰もそんなことを信じる者はいない。

 

さあ、アスリーツの攻撃が始まった。

 

トップはデッドボールで出塁し、次打者はドラッグバントで塁に出た。いよいよ反撃だ。

フォーシーム【漫画】 最新話のネタバレの感想

 

 

コミックのレンタルもおすすめです。
見たい単行本だけ借りる事ができる

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!

 

本気かどうかは分からないが、逢坂の発言がみんなを怒らせたおかげで、チームは一丸となった。優勝決定戦のプレッシャーからも少し解放され、いつもの調子を取り戻せた。

 

6回裏になってノーアウト1塁2塁のチャンスだ。

 

2点のビハインドをここでひっくり返せるのか?ひっくり返して、憎き逢坂を登板させブロウンセーブとなり、逢坂を一文無しにするのか。

 

それともセーブを成功させて、アスリーツ優勝となるのか?もし優勝となれば、憎まれ役を買って出てチームを一丸とした逢坂の功績は大きい。