ヤングキングで連載再開した『ドンケツ』続編となる第2章

2020年7号、3月10日発売の最新話、36話(218話)のネタバレです。

6巻の内容となります。

ドンケツ 第2章 36話

 

 

↓ドンケツの立ち読み↓
ドンケツを読む!

 

ドンケツ最新話は・・・こちら

 

 
スポンサーリンク





ドンケツ「第2章」36話のネタバレ

 

 

ドンケツ!「第2章」35話

 

『ドンケツ』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ
ヤングキング最新号を無料で読もう
注:無料期間内に解約すれば一切料金はかかりません

ドンケツ 第2章 36話

 

 

北九州のどこかの駐車場で男4人で話し合う。

 

 

 

いろんなヤツの幹部であるゴウという男を筆頭に、

他の3人はその手はずを確認しあい、

 

 

二手に分かれそれぞれの車に乗り込み移動した。

 

 



 

 

車の中でゴウに何故ここまでする必要があるのかを聞かれる。

 

 

 

ゴウは上からの命令で撤退することになったが、

丈二は悔しくて仕方がないだろう。

 

 

 

北九州のヤクザには因縁がある。

ちょっとでも引くことはしたくない。

 

 

 

 

それでも丈二には納得してもらわないといけない。

上から切られたら元も子もない。

 

 

 

だから、自分が派手なことをやってこれで終わりじゃないことを示さないといけない。

俺だって本気だ、あんたのためなら命をかける。

 

 

 

 

丈二の組織は全国に広げなくてはいけない。

こんなところで躓いてはいけないと言った。

 

 

 

別の場所ではもう片方の二人が待機していた。

ゴウは車から降り弧月組の本部の前に立った。

 

 

 

もう一組は月輪組の本部の前。

男の手には重火器のような武器を携えている。

 

 

 

とてつもない轟音を銃器より発射される。

本部に打ち込まれると組員が慌てふためく。

 

 



 

 

ゴウはなんとロケットランチャーを携えている。

ロケットランチャーを肩に載せゴウは引き金を引く。

 

 

 

弧月組の事務所に打ち込むとそのまま車に乗って去っていく。

 

 

 

事務所にいた岩木はその場に残されたロケットランチャーを見て、

顔から血の気が引いた。

 

 

月輪組の本部から宮本が犬を抱え冷静にこの事態を傍観した。

4人は作戦がうまくいったことを話し東京へ向かう。

 

 

 

ゴウはヤクザのプライドを傷つけてやった。

効果は大アリだろうと呟いた。

 

『ドンケツ』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ
ヤングキング最新号を無料で読もう
注:無料期間内に解約すれば一切料金はかかりません

 
 

ドンケツ 最新話の感想と次回の予想

 

ゴウがどのような手段にでるか気になっていたが、掟破りの逆ロケットランチャーとは!とそこまで驚いてはいない。むしろロケマサがこれに対してどのような反撃に出るのか?そっちのほうが気になる。

次回、ロケットランチャーを打ち込まれた弧月組、グレネードを打ち込まれた月輪組。果たしてどのような報復攻撃をするのだろうか?

 

『ドンケツ』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ
ヤングキング最新号を無料で読もう
注:無料期間内に解約すれば一切料金はかかりません