第一部完となったドンケツ。

 

個性豊かなキャラクターが多いことがドンケツの魅力の1つ。ロケマサと並び月輪会で1位、2位を争う厄介者である「チャカシン」今回はチャカシンにスポットを当てた外伝の1話。

 

 

↓ドンケツの立ち読み↓
ドンケツを読む!

 

 
スポンサーリンク





ドンケツ外伝第2話「チャカシン」

 

ドンケツ最新話は・・・こちら

 

車を割り込まれいらつき、割り込んだ相手をボコボコにし最後は拳銃を発砲する。

 


 

その男の名前は「山倉 慎之助」

すぐ拳銃を発砲することからチャカシンと呼ばれている。

 

 

 

弧月組の組員である岩木に発砲したことを責められる。

次パクられたら10年は刑務所だ。

 

 

 

チャカシンはそれもいい。刑務所で死ぬなんて極道らしいと。

そういい岩木にいらつたから何か甘いものを買ってこいとパシる。

 



 

 

岩木が戻ってくるまで自分の事について思いふける。

 

 

「俺は厄介者だ 自分が嫌われていることも知っている

だからといって素行を改めるつもりはない 人に好かれようなどと思っていないからな」


 

後日、岩木は弧月組事務所で南原とチャカシンが買ってきたクリームパンを気に入った話をする。

 

そして、チャカシンがどんだけ扱いづらいかいろいろ愚痴りながらも、

最終的にはチャカシンを嫌いながらも、どこか憎みきれないと二人は話した。

 

 

 

チャカシンは岩木に教えてもらったパン屋へ赴く。

「おう ネェちゃん クリームパンくんないや」

そうがなるとパン屋の娘が驚きながら振り向く。


チャカシンは驚く。

 

 

 

そして、娘は今日はクリームパンは売れ切れだと言い、

自分がキープしていたクリームパンを差し出す。

 

 

 

帰り際クリームパンを頬張りながら改めて美味しいと思い、

明日も買いに来ようと帰っていった。

 

 

翌日朝一番にパン屋でクリームパンを全部買いたいと言い、

全部買う。


 

 

翌々日も全部買いたいと言うと、娘は他の客に迷惑になるから4つまでと言う。

チャカシンはその後毎日パン屋でクリームパンを4つ買いに行くようになる。

 

 

『ドンケツ』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ
ヤングキング最新号を無料で読もう
注:無料期間内に解約すれば一切料金はかかりません

 

 

 

その姿を見て岩木は、「最近機、機嫌がいいですね?」と言うと、

以前なら激怒するはずだが、

チャカシンは照れながら「お前殺すぞ」と呟く程度だった。

 

 

チャカシンの意外な一面がみられる一時であった。

 


後編につづく

 

ドンケツ最新話は・・・こちら

 

『ドンケツ』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ
ヤングキング最新号を無料で読もう
注:無料期間内に解約すれば一切料金はかかりません