週間少年マガジンで連載中の「ドメスティックな彼女」の最新話となる224話のネタバレと感想を書きました。

2019年3月20日発売の16号に掲載されてた内容となります。

 

スポンサーリンク





ドメスティックな彼女【224話】最新話のネタバレ!

 

ドメスティックな彼女【223話】

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

224話「同情だけじゃない」

 

部屋のドアを叩く音に、ナツオが様子を見ながらドアを開ける。

 

男に「ここに小椋海咲いるだろ」「出せ」と言われ、今はいないと言うと胸倉を掴み、「ふざけんな今声してただろーが!」と怒鳴る。

 

乱暴されそうになったナツオを見たミサキは慌てて男の前に飛び出し、話してくると男と外へ出てしまう。

 

帰ってきたミサキに話の内容を聞くナツオ。

 

ナツオはミサキが運び屋のバイトをしていたことを知って驚く。ナツオは「抜けられんの…?」とミサキに尋ねる。

 

「交渉はしてみるけど…」というミサキに、「とりあえずこれは没収」と薬を回収し、見つからないように隠しておくからやったら病院か警察に連れていくと言った。

 

翌日、ナツオの外出中にヒナ姉が家に尋ねてくる。
ヒナ姉は、ミサキのことが心配だと、「困っていることがあるなら力になるから」と伝えた。

 

ナツオは先生の家で、先生が処方された薬を見ながら、「薬物依存の人が出る話も書いてましたよね」「そういうのが治るのってやっぱり難しいんですか…?」と尋ねる。

 

「自力ではほぼ無理だろうな」と答える先生は、意志ではなく脳の問題、完治はないが、「回復するには更生施設が一番だろうな」と続けた。

 

ミサキが一人でテレビを見ていると、小麦粉が映し出され、頭の中にクスリがよぎる。
クスリを忘れようと本を読もうとするが、頭から離れないクスリ。

 

クスリを探そうと、押し入れや引き出しを開ける。

 



 

そこへ帰ってきたナツオは「ここにはないぞ」と言う。

 

謝るミサキに、ナツオは俺もこうなるかもしれなかったから見捨てられなかったのだと思った。
ミサキの肩に手を置き、「やっぱり出頭して一度ちゃんとした方がいい」と伝える。

 

「こんなもんで死んじゃダメだ」と伝えてくれるナツオに涙をこぼすミサキ。
警察へ向かって歩いているナツオとミサキのそばで車が止まる。

 

車から降りてきた男にナツオとミサキの体を捕まれ、車に乗せられる。
手は縛られ、顔を隠された状態で車は動き出した。

『ドメスティックな彼女』などマガジンをすぐに無料で読む

男子高校生を養いたいお姉さんの話の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
マガジンを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTでマガジンを無料で読む

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

ドメスティックな彼女【224話】最新話のネタバレ感想

ミサキがヒナ姉にナツオと似てると言って、血は繋がってないけどと言うヒナ姉と、ミサキがナツオにヒナ姉と似てると言って、血繋がってねーけどと同じように返答しているのが面白かったです。

 

結構ミサキは危ないことをやっていて驚きました。車で連れ去られてしまう展開となってしまい、次回が不安です。バーのマスターがうまく助けてくれればいいなと思います。

 

ミサキに「こんなもんで死んじゃダメ」と訴えるナツオはかっこよかったです。