週間少年マガジンで連載中の「ドメスティックな彼女」の最新話となる223話のネタバレと感想を書きました。

2019年3月13日発売の15号に掲載されてた内容となります。

 

スポンサーリンク





ドメスティックな彼女【223話】最新話のネタバレ!

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

223話「埋められないココロ」

マスターが喫茶店に以前の仲間を呼び出し、「ちょっと気になることがあって、茗台近辺、渋谷地区の辺り、今どうなっている?」と仲間に質問します。

 

「何かマズいことでも?」と仲間が疑問を投げかけると、マスターが「知り合いの子がね。まだわからないんだけど」と言うので「よく聞くのは、すっかり半グレ連中が幅きかすようになった。

 

今はどこもそうです。元々あの一帯は講談組系のシマだったはずですが、若頭が跡目継いでから色々策を考えているらしいですが、下のモンにでも探らせましょうか?」と言い、マスターがお願いする。

 

具合が悪い海咲の為に救急車を呼ぼうとする夏生だったが、海咲に携帯を握られ止められる。病院はダメという理由を海咲に問う夏生。

 

「行けない理由でもあるの?保険証ないとか?金なら足りなかったら立て替えてやる。それとももっと精神的なこと?」と聞くと、「顔の火傷の時いい加減な処置されて、医者がトラウマになっちゃって、なるべくなら行きたくないんだ。体調ならもう全然大丈夫だから」という海咲。

 

それ以上何も聞けない夏生。

 



 

翌朝、こたつの中で海咲がテレビを見ていると、テーブルの上におかゆが。夏生が「病み上がりだし、消火にいいもんの方がよいだろう」と海咲に作ってくれた。

 

「てっきり自分のやつ作ってんのかと」とお礼を言う海咲。夏生が「俺もう出るから、今日はなるべく安静にしてろよ、夕食も俺が帰ってから作るし」と出掛けようとすると、海咲が再度「ありがとね。おかゆもだけど、昨日介抱してくれて。すぐ出て行けって言われるかと思ってた。

 

体の心配までしてくれて感謝している」とお礼を言う。

 

照れながら「放置はできねーし」という夏生。
出掛ける途中に携帯を忘れたことに気づいた夏生。しょうがないから取りに行くかと家に戻ると、海咲が薬をやっていた。

 

怒る夏生に「危なくないやつだから大丈夫」という海咲だったが、その話をしている時に玄関のドアが鳴り響く。

『ドメスティックな彼女』などマガジンをすぐに無料で読む

男子高校生を養いたいお姉さんの話の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
マガジンを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTでマガジンを無料で読む

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

ドメスティックな彼女【223話】最新話のネタバレ感想

最初にマスターが色々と勘ぐって調べさせていましたが、まさか海咲が薬に手を出していたとは思いませんでした。

 

夏生は優しくて傷心している海咲と一緒にいますが、いくら海咲が傷心しているからといっていつまでも家に置いておいておくというのにモヤモヤしてしまいます。

 

海咲が薬をやっている事が発覚した途端に夏生の家に誰かが来たところで次週になってしまいましたが、警察とかが来たのではなければ良いなと思いました。

マスターが来たのかな?と予想しています。