週刊少年サンデーで連載中の「トニカクカワイイ」FLY ME TO THE MOON

2019年5月15日に発売された24号に掲載された最新話62話

「魔性の天然はたちが悪い」を読んだので感想や内容の

 

ネタバレを紹介していきます。

 


『トニカクカワイイ』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

星空と書いてナサと読む… 勉強はできるけれどちょっとアレな少年・ナサは、高校受験を目前にしたある日、とにかく可愛い少女に出会う。が、その油断で交通事故に遭う… とっさにナサを助けた少女・司に、とっさに告白したナサ。答えは「結婚してくれたら付き合う」でした。

その後、18歳になったナサの家に司が現れる。「彼女」ができる前に「お嫁さん」ができてしまったナサ… まだ名前しか知らないけど、とにかく可愛いお嫁さんとの夫婦生活が始まる!
いろいろ謎はあるけどそれは追々…愛と幸せの夫婦コメディー!!

 

スポンサーリンク





トニカクカワイイ【62話】最新話のネタバレ

 

トニカクカワイイのネタバレ

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

トニカクカワイイ【62話】「魔性の天然はたちが悪い」

 

 

鍵ノ寺家。

メイドの一人アウロラが、眼鏡越しに同僚シャーロットを見つめて思う、
(薄々気づいていたが、この女は・・・)

 

ウェーブのかかった色素の薄い髪。
二十四時間笑顔を絶やさない小柄な美少女。

 

だが、
(恐らく・・・魔性の女である)
アウロラは確信するのだ。

 

 

例えば朝。主人である鍵ノ寺千歳を起こしに行く際。

「千歳ちゃーん。朝ですよー」
声のかけ方は、主従と言うより親しい友人のようだがそこは問題ではない。

 

”ギシっ”

 

 

ベッドに乗り、千歳を跨いで顔をゼロ距離に。
「ちょ・・・!!近い近い!! 少し離れなさい!!」

 

 

「え~?」
主人が抗議するや不平の声と共にシャーロット。

 

 

こんどは、
「じゃあお着替え手伝ってあげる」

 

千歳の背後からおもむろに手を回しパジャマをはだけさせる。
しかもその手は、意図してかどうか、千歳の胸を直接触る体制に。

 

 

「脱ぐのを手伝ってあげてるだけよ」
「そんな手伝いいるかー!!」

 

 

シャーロットと主人のそんな様子を茫然と眺めるアウロラ。
シャーロットという女は、こんな調子で毎日主人へのセクハラを欠かさないのだ

 

 

しかし、アウロラは更に確信している。

 

シャーロットに積極的なセクハラの意志はないと。
(天然!! ただ天然でエロいだけなのである!!)

 

 

 

朝食。

 

 

優雅にコーヒーを飲む千歳。

 

「ナサ君と司ちゃんが『ゆうべはおたのしみでしたね』だったみたいですよ」
笑顔で、でも突然話を持ってくるシャーロット。

 

”ブフッ”

 

お嬢様らしからぬ擬音をたてて、千歳がコーヒーを吹き出す。

 

司とナサの関係を快く思っていないからか、朝も早くから猥雑そうな話を振られたからか。

 

しかしそこは名家のお嬢様。落ち着きを取り戻した様子で、
「まあ、いいんじゃない。夫婦なんだし・・・そんなことしても」

 

 



 

いや、カップを持つ手がかたかたと震えている。落ち着いてはいないようだ。
その手をカップごと握りしめてシャーロットは主人の顔をまっすぐに見据えて問う。

 

「そんなことって・・・・どんなことなんですか?」
またもや顔をゼロ距離に、何がお楽しみなのかと千歳に迫る。

 

シャーロットの態度に対しいらだたしげに、
「手を握ったり抱きしめたりベッドですることよ!!」

 

 

険しい表情で叩き付ける千歳。

 

しかし、
「あー私が普段千歳ちゃんにやってるような?」
いつもの笑顔のまま人聞きの悪い返しをするシャーロットであった。

 

 

 

夜、アウロラとシャーロットの寝室。
朝の司・ナサの話題は続いている。

 

 

「よーするに仲良し夫婦ってことよね」
そんな同僚の感想に、適当な返事をするアウロラ。

 


「仲良しなのはいいことね」
突然、アウロラの背に自分の背を合わせてシャーロットは言う。

 

「私とアウロラも仲良し?」
「まあ、そうだな・・・」

 

 

なんだかドギマギするアウロラ。

 

 

そんなアウロラに追い打ちをかけるように、
「だったら今日は、手をつないでいっしょに寝る?」

 

 

肩越しのシャーロットの声。

 

 

ちょっとにやけた笑顔で振り向いて返事しようとするアウロラだったが、
「なーんてね冗談冗談」

 

アウロラの唇に指を当てると、さっさと一人で寝るシャーロットだった。
(やはり魔性の女)

 

アウロラは三度確信するのだった。

 

 

 

その頃。由崎家。
昨夜のことを思いだし、そわそわして眠れぬナサと司の姿もあった。

『トニカクカワイイ』など少年サンデーをすぐに無料で読む

『トニカクカワイイ』の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、少年サンデーも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
少年サンデーを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTで少年サンデーを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

トニカクカワイイ【62話】最新話のネタバレ感想

 

畑健次郎と言ったら「可愛いメイドさん」。

 

鍵ノ寺チームに暫く出番がなくて、「あのメイドさんたち出てこないなー」と悲しい思いをしていたので、このまさかのメイド主役話には大興奮。

 

ただシャーロットのこれは「天然」っていうのだろうか? なにかすごく意図的な間の良さ(相手にとっては悪さ)を感じさせる。

 

振り回そうとして振り回してるのでないって所が天然ポイントなのだろうけど。なにか、畑先生と自分の「天然」観にギャップがあるなとは感じた。

 

ただそれを差し置いても、畑美少女の満面の笑顔は本当に可愛い。困った顔の眼鏡美少女も可愛いったらない。エロいモディファイを一切しないメイド服の描写も相変わらずで素晴らしい。

 

この二人、ウチに方向に来てくれないかなと思わせる、本当に眼福な一話であった