週刊少年マガジンで連載中「ダイヤのA actⅡ」の最新話が

2022年9月8日発売日の41号に掲載されましたので

ダイヤのA actⅡ【第302話】を読んだ、内容や感想などを紹介します。

 

ダイヤのA act2【32巻】発売日

 


『ダイヤのA act2』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

『ダイヤのA actⅡ』の最新刊をチェックは・・・こちら

 
スポンサーリンク





ダイヤのA actⅡ【302話】ネタバレ

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

「ダイヤのA act2」のねたばれ

 

 

第302話「魔物」

 

西東京大会決勝。
9回裏の攻撃は、エースの成宮から始まった。

 

そんな成宮に出塁を許し、ノーアウトラニナー1塁。
1塁上に成宮を置いて打席に入った多田野は、内野を越える打球を放つ!

 

ヒットとなり、成宮は3塁へ...。
ノーアウト1塁.3塁と、栄純はピンチを招いてしまったのだ。

 

9回裏に出た逆転ランナー。
この熱い展開に、球場は大盛り上がり。

 

流れを切りたい片岡監督は、すかさずタイムを取る。
伝令としてマウンドへ走ったのは、怪我で登板できない川上!

 

川上は落ちついて監督の指示を伝えた。
会場を盛り上げ、流れをものにしょうとしているのは稲実。

 

しかし...半分は自分たちの応援たーと、川上は口にする。
それは片岡監督なりの伝え方だった。

 

会場の雰囲気か流れに飲まれるな。
1点はやっても問題ない。

 

延長戦になっても、うちが勝つ!!!
川上はそこまで伝えると、笑顔を浮かべて話した。

 

いざとなったらおれもブルペンに入る!
ブルペンでシャドーをしまくると言う川上の言葉に、笑みを浮かべる青道の内野陣。

 

外野では、いつでも行けると降谷が腕を回している。
仲間たちから、力をもらった栄純。

 

拳を突き合わせた青道の選手たちは、掛け声と共に守備に戻るのだった。
ノーアウトランナー1・3塁で、打席には7番の矢野。

 

長打が出れば逆転の場面で、球場は異様な雰囲気に…。
流れに乗る稲実の矢野は、もっと騒げと笑みを浮かべている。

 



 

とてつもない、プレーシャーの中で投げている…。
奥村は、栄純を見てそう感じた。

 

ただ、次の瞬間…異変に気付く!
その変化に気付いたのは、3塁上の成宮と捕手の御幸。

 

栄純の表情や雰囲気が、今までとは違うのだ!!!
入ったか…。

 

栄純の様子を見て、そう感じる御幸。
ここに来てゾーンに入ったであろう栄純を見て、彼は頼もしすぎると感じていた。

 

矢野に対して…栄純は振りかぶった。
その瞬間…矢野はバントの構えに…!!?

 

ダイヤのA act2【32巻】発売日

 

ダイヤのA actⅡなど週刊少年マガジンをすぐに無料で読む

ダイヤのA actⅡの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、週刊少年マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
週刊少年マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

ダイヤのA actⅡ【302話】はこんな話

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!

 

決勝戦も遂にクライマックス。

 

下位打線に入るも、ノーアウトで危機的状況が続きます。

 

ただ、1点をリードしているのは青道…。

気になるのはやはり、栄純がゾーンに入ったことですね。矢野はスクイズを仕掛けて来そうですが、栄純の球が上回ることを期待します!