週刊少年マガジンで連載中「ダイヤのA actⅡ」の最新話が

2022年6月1日発売日の27号に掲載されましたので

ダイヤのA actⅡ【第292話】を読んだ、内容や感想などを紹介します。

 

ダイヤのA act2【32巻】発売日

 


『ダイヤのA act2』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

『ダイヤのA actⅡ』の最新刊をチェックは・・・こちら

 
スポンサーリンク





ダイヤのA actⅡ【292話】ネタバレ

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

「ダイヤのA act2」のねたばれ

 

 

第292話「コンビの形」

 

8回表、青道の攻撃。
ツーアウトながら追加点が欲しい青道は、4番の御幸が打席に立っている。

 

ここで御幸を抑える決め球は、チェンジアップ…。
そう考える多田野。

 

ウイニングショットを決めるため、彼はインコースの球を要求した。
極上の球を…。

 

成宮に向かってミットを構え、そう多田野は願う。
ただ…御幸はその球を待っていた!!

 

多田野のミットに収まる事なく、バットに当たったボール。
打球はセンター方向に高く上ったのだ。

 

カルロスが打球を追いかけ始めると、マウンド上で手を挙げる成宮。
打球はカルロスのマットに収まり、会場からは歓声が上がった。

 

今日4度目となるエースと4番の対決は、成宮の勝利。
球速は今日最速の153kmが記録されている。

 

 

チェンジアップで決めるという多田野の配球とは異なっていたが、成宮はまさに極上の球を投げたのだ。

 

そんな多田野に、思惑通り打ち取れる相手ではないと檄を飛ばす成宮。
ただ…思いは伝わったと、多田野の胸を叩いた。

 



一方、御幸を煽りながら慰めるのは栄純。
点が入らなかったことを気にしていない雰囲気を出している。

 

そんな栄純に、前園は最終回の攻撃が残っていると話した。
御幸のネクストバッター、前園からの檄に、笑顔を見せる栄純。

 

残り2回を抑えようと、青道ナインは声を上げる。
対する稲実は、クリーンナップを迎えるこの回で追いつきたい状況が。

 

稲実の監督である国友は栄純を認めた上で、お前たちを信じると選手を送り出した。
なんとしても塁に出ると、バットを短くして打席に入る白河。

 

打席の立ち位置はオーソドックスで、ベースに被せるようなプレッシャーのかけ方はしていない。
これはある意味、栄純を認めている証拠だ。

 

ただ、セーフティバントの構え!?
正攻法で揺さぶりをかけられ、カウントは1ボール。

 

しかし、栄純は全く動じていない。
2球目をきっちりと投げ込み、打球はファールとなった。

 

昨年とは全く違い、揺さぶりに動じない栄純。

 

それでも、白河は断言する。
お前たちは…降谷と栄純は、まだ成宮鳴を超えていない!!!

 

ダイヤのA act2【32巻】発売日

 

ダイヤのA actⅡなど週刊少年マガジンをすぐに無料で読む

ダイヤのA actⅡの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、週刊少年マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
週刊少年マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

ダイヤのA actⅡ【292話】はこんな話

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!

 

降谷と栄純。2人がかりで成宮を倒そうとしています。

そんな2人の力を否定しようと、打席に入ったのは2番の白河。4

番を打ち取るという良い流れで迎えた8回裏の攻撃に、チャンスを作る事ができるでしょうか!?この回を栄純が抑えれば、青道の勝利が見えて来ます!