週刊少年マガジンで連載中「ダイヤのA actⅡ」の最新話が

2022年5月25日発売日の26号に掲載されましたので

ダイヤのA actⅡ【第291話】を読んだ、内容や感想などを紹介します。

 

ダイヤのA act2【32巻】発売日

 


『ダイヤのA act2』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

『ダイヤのA actⅡ』の最新刊をチェックは・・・こちら

 
スポンサーリンク





ダイヤのA actⅡ【291話】ネタバレ

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

「ダイヤのA act2」のねたばれ

 

 

第291話「相思相殺」

 

8回表、青道の攻撃。
2番打者の小湊がアウトとなり、1アウトの展開となっている。

 

打席に立つのは3番の白洲だが、既にカウントは2ボール2ストライクとなっていた。
次の球は外れ、3ボールに・・・。

 

 

フルカウントとなり、球場に緊張感が広がっていく。
何と言っても、次の打者は4番の御幸なのだ。

 

どうしても、塁に出したくない状況。
そんな中、キャッチャーの多田野は成宮を信じていた。

 

彼が要求した球は、外角低めの変化球。
ストライクゾーンからボールになる球を振らされ、白洲は三振に倒れる。

 

 

成宮より早くガッツポーズを決め、声を上げたのは多田野。
投げた本人は、黙って多田野の反応を見ている。

 

 

多田野のあまりにも大きな反応に、成宮は冷めるとツッコミを入れるのだった。
フルカウントから、ボール球を要求する多田野の度胸。

 

 

成宮を信じ切っているリードだと、同じキャッチャーである御幸は感じる。
同時に、成宮という投手の凄さも・・・。

 

 

そんな成宮と同チームではなく、戦う道を選んでよかった!!
御幸はそう感じながら、打席に入った。

 

 

同世代でナンバー1の投手だと、御幸は感じているのだ。
対する成宮は、御幸へのリベンジに燃えている。

 

 

前打席で、御幸は逆転タイムリーを放っている・・・。
注目の第1球は・・・外角のストレート。

 

 

御幸は手が出ず、1ストライクとなる。
2球目は外角に外れる変化球、3球目はインコースに変化球を投げるも、ボールの判定。

 

 

これで、2ボール1ストライクとなった。
この打席、3球全てを見逃している御幸。

 

 

落ち着いている姿を見て、スタンドの天久は嫌な記憶を思い出す。
準決勝で敗れた際、御幸の見逃し方が嫌だったのだ。

 



 

そんな御幸に対する成宮の感情は・・・一緒に戦ってみたかった!!
稲実に入学前、御幸を誘っていた成宮。

 

当時の気持ちを、彼は思い出している。
ただ、次の瞬間目に入ったのは・・・多田野のサイン!

 

今の女房役のサインを見て、目の色を変えた成宮。
多田野は成宮を信じ切り、極上のボールを要求している!

 

成宮は、自然と笑みを浮かべるのだった。
一方、御幸が考えているのは、2人の投手の事だ。

 

先発でゲームを作った降谷と、先ほどの回に完璧なリリーフを見せた栄純!!
絶対に、追加点を奪い取ってやるからな・・・。

 

御幸はそう心に決め、成宮の球を待つのだった。

ダイヤのA act2【32巻】発売日

 

ダイヤのA actⅡなど週刊少年マガジンをすぐに無料で読む

ダイヤのA actⅡの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、週刊少年マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
週刊少年マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

ダイヤのA actⅡ【291話】はこんな話

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!

 

1点をリードする青道ですが、勝ち切るには追加点が欲しい場面です。

 

残る稲実の攻撃は2回。

 

御幸が打席に立つこの回が、追加点を上げる最後のチャンスかもしれません。

エースと4番の、おそらくは最終対決!どのような決着が待ち受けているのでしょうか!?