週刊少年マガジンで連載中「ダイヤのA actⅡ」の最新話が

2022年4月27日発売日の20号に掲載されましたので

ダイヤのA actⅡ【第288話】を読んだ、内容や感想などを紹介します。

 

ダイヤのA act2【31巻】発売日

 


『ダイヤのA act2』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

『ダイヤのA actⅡ』の最新刊をチェックは・・・こちら

 
スポンサーリンク





ダイヤのA actⅡ【288話】ネタバレ

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

「ダイヤのA act2」のねたばれ

 

 

第288話「マウンドの呼吸」

 

1点リードで降谷のリリーフとして登板した沢村。
対する稲実の先頭バッターは神宮寺。

 

 

実は同学年です。
表情が硬い様子の沢村を心配する御幸。

 

 

150㎞の豪送球を投げた降谷の存在は無視できません。
果たして片岡の采配は、吉になるか凶になるかは分かりません。

 

 

挑発するようにボックスの前に立つ神宮寺。
沢村の武器はキレのあるストレートと多彩な変化球です。

 

 

ボールの軌道が同じならば、神宮寺は変化する前に打つつもりです。

 

 

鼓動が高鳴る沢村。
それはバックも同様です。

 

 

去年の決勝戦で稲実にサヨナラ負けをした青道。
この1年はあの日を超えるために費やしていました。

 

 

しかし沢村の初球はワンバウンド。

 

 

続く2球目はインハイに外れて、またもやボールとコントロールが乱れています。
やはり力みがあるようです。

 

 

あっと思い出した沢村は、少し時間をくださいと審判に許可を求めます。
すると両手を広げて深呼吸をマウンド上で開始しました。

 

 

驚く観客とは対照的に、焦る様子もない青道ナイン。
これが沢村だと誰もが納得しているようです。

 



 

ようやく深呼吸を終えた沢村の視線は神宮寺に向けられます。
気を取り直した3球目。

 

 

これはナンバー9の変化球でショートゴロ。
次のバッターもカットボール改で内野ゴロに仕留めました。

 

 

自分の間の取り方でリズムを作り直した沢村。
いつもの調子にバックからも声援が上がります。

 

 

ツーアウトランナーなし。
稲実の打順はトップのカルロスですが、沢村に去年の敗北を思い出させるつもりです。

 

ダイヤのA act2【31巻】発売日

 

ダイヤのA actⅡなど週刊少年マガジンをすぐに無料で読む

ダイヤのA actⅡの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、週刊少年マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
週刊少年マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

ダイヤのA actⅡ【288話】はこんな話

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!

 

出だしは不安でしたが、しっかりと自分のペースを取り戻した沢村。 稲実も事前情報はありましたが、沢村独特のクセ球を打つのは厄介なようです。

しかし次のカルロスからは昨年の優勝メンバーが揃います。

敗北した沢村のトラウマを利用とする、鋭い視線が気になるところです。