週刊少年マガジンで連載中「ダイヤのA actⅡ」の最新話が

2022年2月2日発売日の10号に掲載されましたので

ダイヤのA actⅡ【第278話】を読んだ、内容や感想などを紹介します。

 

ダイヤのA act2【31巻】発売日

 


『ダイヤのA act2』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

『ダイヤのA actⅡ』の最新刊をチェックは・・・こちら

 
スポンサーリンク





ダイヤのA actⅡ【278話】ネタバレ

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

「ダイヤのA act2」のねたばれ

 

 

第278話「英雄にあこがれて」

 

山岡の当たりをダイブでキャッチした麻生のプレー。
フェンスに激突しながらもボールは死んでも離しません。

 

タンカで運ばれる麻生に対して、観客からは拍手が送られるのでした。
安打になれば2点は追加されていました。

 

 

山岡の打球が最期に失速したのは、降谷の球威が勝っていたからです。
対する稲実の面々は1点で攻撃が終わり残念そうです。

 

 

しかも、球場の雰囲気は青道に傾きかけています。
丁度グランド整備で試合はクールダウン。

 

 

残り4イニングスとなり、成宮はリミッターを解放するつもりです。
麻生はやはり交代となりそうです。

 

 

レフトは結城の予定ですが、落合は守備面での心配をします。
6回表の攻撃を前にして円陣を組む青道。

 

 

準決勝で見せた粘り強さを選手たちにアドバイスする片岡。
迷わず進めば出来るはずだと激を飛ばします。

 

 

青道の攻撃はトップの倉持からの好打順から始まります。
今大会では出塁率が4割5分5厘と、驚異の数字を残すリードオフマンです。

 

気合い十分の倉持。
成宮と多田野のバッテリーは慎重です。

 



 

ここを確実にアウトにして、青道から流れを引き戻すつもりでした。
初球はボールで、2球目はファールボール。

 

続く3球目のボールとなりました。
必ず点を取ると殺気あふれる倉持の鋭い視線。

 

すると4球目は、成宮の決め球であるチェンジアップでした。
思わず空振りする倉持は、ツーストライクに追い込まれました。

 

しかし見方を変えれば、早めにウイニングショットを投げさせたともいえます。
敵に嚙みつかんばかりの倉持の気迫は衰えていません。

 

ダイヤのA act2【31巻】発売日

 

ダイヤのA actⅡなど週刊少年マガジンをすぐに無料で読む

ダイヤのA actⅡの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、週刊少年マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
週刊少年マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

ダイヤのA actⅡ【278話】はこんな話

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!

バズること間違いなしの麻生の超ファインプレー。

青道はピンチを1失点に切り抜けました。 結城の守備は不安しかありませんが、打力で良いところを期待します。 青道の反撃はトップからのチャンスです。

変化球ありの全力投球の成宮に苦戦する倉持。 しかし、その眼はヒットマンさながらです。