週刊少年マガジンで連載中「ダイヤのA actⅡ」の最新話が

2019年6月26日発売日の30号に掲載されましたので

ダイヤのA actⅡ【第172話】を読んだ、内容や感想などを紹介します。

 

ダイヤのA act2【18巻】発売日

 


『ダイヤのA act2』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

『ダイヤのA actⅡ』の最新刊をチェックは・・・こちら

 
スポンサーリンク





ダイヤのA actⅡ【172話】ネタバレ

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

「ダイヤのA act2」のねたばれ

 

 

第172話「バット猿とジーニアスボーイ」

 

練習中の青道高校に薬師寺と三高のメンバーの連絡が届きます。

 

「三高の先発はエース天久…薬師の先発は1年の友部。

真田は3番レフトでスタメン…2番に轟雷市!?」

 

「やべぇ…」

 

「まじかよ…」

 

「轟2番…熱すぎる」

 

薬師寺の奇策に、観客からは興奮の声が漏れます。

 

 

ネクストバッターズサークルから、天久を睨みつける轟。

 

 

「おいおい、今からもうそんなんかよ…焦んじゃねーよバット猿」

 

天久は轟を見て呟きました。

 

薬師寺は天久から大量得点を取るのは難しいと考え、1打席でも多く轟に回そうと打順を早くし、勝負強い真田を3番、しぶとい三島を4番に置いてきたのです。

 

 

更に5番に先発の友部を置く前陣速攻型のオーダーでした。

 

 

「まずは先頭バッターを丁寧に打ち取ろう」

三高のキャッチャーは天久に轟を気にすることなく、1番の秋葉に集中するよう促します。

 



 

 

「分かってるよたかみー」

天久もそれに納得した様子。

 

 

「轟なんて全然意識してねーし」

そう思いながらも、カウントはスリーボール。そして4球目…。

 

「センター前!先頭の秋葉出塁!!」

快音とともに実況の声が響きます。

 

 

「やっぱ気になっちゃって〜」

明らかに秋葉には気持ちが入っていませんでした。

 

 

 

そして、轟がバッターボックスに向かいます。

 

「いったれ雷市!」

 

「うおおおおおきたぁー!」

 

 

「すげぇの打てよ」

会場からは大歓声が起こります。

 

 

しかし、後ろを守る三高ナインは天久らしいと動揺はありません。

 

「これも彼の持ち味…I Believe 天久ボーイ」三高の監督も想定内の表情。

 

 

天久への信頼は揺るぎません。

 

「ランナーを一塁に置き、エースと主砲の第一ラウンド」

 

 

轟がバッターボックスに入り、実況が話します。

 

天久は轟を試すように前回の対戦で三振を取ったスライダーを選択します。

 

「あん時のままか…進化の途中か…あいさつ代わりの…」

 

ボールは秋大会の時と同じ軌道を描きます。

 

ドゴッ!打球はライトフェンスにぶち当たります。

「ガハハハ!イメージ通り!!

 

ダイヤのA act2【18巻】発売日

 

ダイヤのA actⅡなど週刊少年マガジンをすぐに無料で読む

ダイヤのA actⅡの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、週刊少年マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
週刊少年マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

ダイヤのA actⅡ【172話】ネタバレ感想

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!

 

三高と薬師寺の試合が始まりました。轟を2番に置きかなり熱い展開になりました。秋葉が出塁し、いきなり轟と対決。1打で先制のチャンスを薬師寺は迎えます。

 

前回、天久は次の試合を考えなければ0に抑えられると宣言しています。轟がライトフェンスにぶち当たる打球を打ったものの、ホームには生還させずに0に抑えるか、いきなり点を取られ、逆にスイッチが入るか、どちらになると思います。

 

どちらかにせよ、3番、4番、5番は軽く抑えてくれるでしょう。