週刊少年マガジンで連載中「ダイヤのA actⅡ」の最新話が

2019年5月22日発売日の25号に掲載されましたので

ダイヤのA actⅡ【第167話】を読んだ、内容や感想などを紹介します。

 

ダイヤのA act2【17巻】発売日

 


『ダイヤのA act2』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

『ダイヤのA actⅡ』の最新刊をチェックは・・・こちら

 
スポンサーリンク





ダイヤのA actⅡ【167話】ネタバレ

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

「ダイヤのA act2」166話のねたばれ

 

 

第167話「今の俺」

 

 

青道6点リードで迎えた6回裏、ここまで八弥王子のピッチャー夏目に合っていなかった
結城に代わり、同じく1年の由井が打席に入りました。

 

 

由井は積極的に初球から打ちに行き、見事レフト線の長打コースに運び二塁打としました。
世界大会でもキャプテンを務めただけあって知名度も抜群。

 

 

それだけではなく、きちんと自分の役割を理解でき思い切りの良さもある。
貴重な左打者として機能していました。

 

 

 

負けてはいられない、続く金丸にもタイムリーが飛び出し1点追加。
小湊の内野安打の間にもう1点追加し、点差が8に広がりました。

 

 

 

そして、八弥王子が2点返さないとコールドが決まる7回表、ここまで四球が2つに
三振11個の降谷に対して迎えるはキャプテン川端。

 

 

 

「このまま終わらせてたまるかよ!さぁこい!!」
一層気合を入れた川端は、降谷の剛速球に食らいつきます。

 

 

 

「まだ全部出せてねぇ。まだだ・・・」
川端には心に期すものがありました。

 

 

 

高校入学してすぐに父親が死んだ―――――――。

 

 

 

小さいころからの練習相手で中学時代はバッティングセンターに連れて行ってくれた父親だった・・・。

 

 

 

現実を受け入れることができず、じっとしていると心が壊れそうだった・・・。

 

 

マメが裂け血が流れても構わずバットを振り続けた。
―――――痛みが悲しみを薄めてくれた――――――

 

 

 

ヘトヘトになるまで練習をした。
―――――寂しさから離れられた―――――――

 

 

 

川端は野球に逃げ・・・父親と始めた野球に守られていた―――――。

「あの日の俺が今の俺を作った。・・・俺はまだ全部出せていない!!」

 



 

川端の気持ちは白球にのって飛んで行きました。
見事なセンター前ヒット!!これがこの日、八弥王子の初ヒットとなりました。

 

 

 

一本出たことで俄然盛り上がりをみせる八弥王子ベンチ。
続く4番黒瀬も気合が入ります。

 

 

 

最後の夏にかけた3年生の想いを充分知っている御幸は、たった一つのプレーを
きっかけに勢いづくことも知っています。

 

 

 

ここまできても御幸に油断はありませんでした。

 

 

 

――――勇気も希望も根こそぎ奪い取る―――――

御幸は全身全霊かけて終わらせようとしていました。

 

ダイヤのA act2【17巻】発売日

 

ダイヤのA actⅡなど週刊少年マガジンをすぐに無料で読む

ダイヤのA actⅡの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、週刊少年マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
週刊少年マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

ダイヤのA actⅡ【167話】ネタバレ感想

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!

 

川端の生い立ちを知って、少し納得したところがありました。

 

今となっては代表にも選ばれるほどの実力の持ち主です。

 

 

しかし、進学したのは八弥王子でした。こんな名選手ならもっと強豪校からの誘いがあったはずだと思ったら、伸びたのは高校に入ってからなのだとわかりました。

 

 

父親が死んだ悲しみを打ち消すために、野球にがむしゃらになった結果、人一倍の努力でここまでの選手になったのかと思うとどこか切ない気がしますが、今の姿を父親が見たらきっと喜んでいるのではないでしょうか。

 

なんとか一矢報いてほしい気持ちが芽生えました。