週刊少年マガジンで連載中「ダイヤのA actⅡ」の最新話が

2019年5月8日発売日の23号に掲載されましたので

ダイヤのA actⅡ【第165話】を読んだので、内容や感想などを紹介します。

 

ダイヤのA act2【17巻】発売日

 

『ダイヤのA actⅡ』の最新刊をチェックは・・・こちら

 

スポンサーリンク





ダイヤのA actⅡ【165話】ネタバレ

 

164話のねたばれ

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

第165話「それでこそ」

 

 

5回の表、八弥王子の攻撃を降谷は三者連続三振に切って取ります。

 

それも、自己最速となる155キロをマークしました。

 

 

力みが無くキレが出てきた降谷の球は、それ以上に感じられます。

 

 

これで早くもこの試合10個目の三振になりました。
青道ベンチも降谷の好投で勢いがでてきました。

 

 

かつての降谷に戻ったと確信した沢村はわくわくが止まりません。
ライバルの好投をうれしく思っていました。

 

 

自分も早く投げたいと言わんばかりに奥村を誘い、ブルペンへ向かいました。

 

5回の裏青道の攻撃、一死から倉持が四球を選び出塁します。
そして、すぐさま二盗。

 

 

観客「もう動物だ・・・」

 

 

そう言わしめるほどのスピードスター倉持を二塁に置き、続く二番小湊。

 

 

青道をここまで1点に抑えてきたことで、ピッチャーも相当神経を削られています。
そんな今が追加点を取るチャンス。

 

 

バッターに集中しているだろうと思った瞬間、素早い牽制が来ました。
不意をつかれた倉持は急いで帰塁しました。

 

 

きわどい判定で審判を仰ぎました。
「セーフ!!」

 

 

ここぞという時の為に牽制を隠し持っていたことに倉持も驚きました。
さすが守備のチーム隙がないなと。

 

 

小湊に対してもライト方向を固めるシフトを野手にとらせます。
前の打席に簡単に右方向に打たれた反省を生かしてでした。

 



 

あとは丁寧に低めをつく球を投げるだけ。
すべてはバックを信頼してこそなせる技でした。

 

一方小湊も思い返すことがありました。なぜ自分が2番なのか。

 

兄亮介はチャンスメイクに自らの出塁と、試合の流れをつくる潤滑油のような役割を担っていました。

 

 

しかし自分が監督に求められたのは違いました。

 

 

「お前は右のアベレージヒッター、亮介と同じスキルをお前に求めるつもりはない。
だからお前にはバントのサインは出さない。1、2番で点が取れる打者になってもらう。」

 

 

「メジャーには、出塁率・長打率の高い強打者を2番に置くチームが多い――――――」

「お前はその木製バットで青道打線の加速器(ブースター)となれ―――――――!!」

 

 

監督の期待にこたえるべく小湊は今日もフルスイングします。
そして、打球はセカンド川端の頭を鋭く抜きました。

 

 

ダイヤのA act2【17巻】発売日

 

ダイヤのA actⅡなど週刊少年マガジンをすぐに無料で読む

ダイヤのA actⅡの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、週刊少年マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
週刊少年マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

ダイヤのA actⅡ【165話】ネタバレ感想

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!

 

小湊の打球が外野に抜けたことで、俊足倉持がいっきにホームまで帰ってきそうです。

 

やっとこれで欲しかった追加点が入りそうです。

 

しかし、ここまで完璧に抑えてきた降谷ですが、ベンチに帰ってきたとき少しバテ気味のように見えました。膠着状態から追加点が入った後は、一気に試合が動き出します。

 

 

もしかしたら、6回の表に波乱があるのではないでしょうか。

 

この試合、沢村は出られないので最後まで投げ切ってもらいたいところです。