週刊モーニングで連載中の『GIANTKILLING』ジャイアントキリング
2019年9号1月31日発売の最新話、第506話のネタバレです!

『GIANTKILLING』51巻の発売日はいつ?

 

スキマ時間に無料漫画
10000冊以上読み放題

ストーリー

海猛35歳、職業サッカー監督。今季より弱小プロサッカークラブ【ETU イースト・トーキョー・ユナイテッド】の監督に就任する。現役時代も監督になってからも、好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」!

ポップ&ソリッドな絵と演出で、プロ野球選手のリアルを描き出した読み切り作品『スリーストライクス』で、連載開始前からコアなファンを獲得していた漫画家、ツジトモ。原案を務めたのは、アトランタオリンピック世代のプロサッカー選手のリアルを描きサッカーフリークスの熱い支持を得た『U-31』の原作者、綱本将也。

2007年登場したフットボール漫画の新スタンダードは、現在も進化中!

「サッカーを、試合を面白くするのは監督だ!」

 

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓
『GIANTKILLING』を読む

 

 
スポンサーリンク





『GIANTKILLING』506話 最新話のネタバレ

 

ジャイアントキリング!505話のネタバレ

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

#506 アジアカップ第4戦 VS.UAE

 

 

椿の決定的なシュートをイスマイールは頭で防ぐ。


 

このスーパープレイにスタジアムは熱狂の渦と化す。

UAEの選手たちもこのエースのプレイに再度気合が灯る。

 

 

逆に日本代表は折角掴んだ流れを、このまま相手に渡ししまわないかとプレスは心配する。

イスマイールのプレイとスタジアムの熱狂に後押されて勢いづくUAE。

 

 

「アジア制覇はこのチームの悲願!!」

何が何でも日本に勝つんだと意気込んでいる。

 


 

しかし、UAEの波状攻撃も虚しく、

日本は懸命にディフェンスしゴールに結びつけない。

 

 

日本のベンチは悲観しているが、ブランは変わらず冷静だ。

 

 

スタジアムとフィールドのUAEの熱量は半端ない。

しかし、UAEの監督であるマチューはなぜか動けないでいる。

 

 

その姿をブランは不安に感じているのか?と思っていた。

 

マチューはここが勝負どころと分かっているが、動けない。

 

 

プラン通りにゲームが進んでいるはずなにだ。


日本代表はばてている。

 

 

UAEにボールを支配され続けている。

だが、決定的な仕事はさせないでいる。

 

 

それどころか、流れはいまだ日本にあるかのようにさえ見えている。

 

椿はあることに気付いた。

 

 

自分たちもこの熱い環境にばてているが、日本代表という強敵を相手にしているUAEだって、

相当ばてている。UAEだって90分で決めたいはずだ。

 

 

UAEは途中交代で入ってきた選手がサイドを駆け上がる。

しかし、城島はタイミングよくそのボールをカットする。

 

 

そのままボールを椿に預ける。

椿は相手だって疲れている。だからこそ絶対に負けない。


相手を振り切りサイドチェンジのボールを送る。

そこには投入間もない畑がいた。

 

 

『GIANTKILLING』などモーニングをすぐに無料で読む

『GIANTKILLING』の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、モーニグも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
モーニングを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTでモーニングを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

ジャイアントキリング 最新話のネタバレ感想



 

後半残り10分。そろそろゲームの決着がつく頃だろう。交代枠3人を使い切った日本とUAEの差が出始めた。最終的には監督の経験だろう。その差が出た戦いでもあった。

次回、投入されたばかりの畑はこの大事なチャンスをものにするのか?点を取るのは畑か?それとも花森?意外な選手がゴールをゲットする?

 

『GIANTKILLING』51巻の発売日はいつ?