週刊モーニングで連載中の

『GIANTKILLING』ジャイアントキリング

2019年34号7月25日発売の最新話です。

 

GIANTKILLING【52巻】発売日とネタバレ!


『ジャイアントキリング』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 
スポンサーリンク





GIANTKILLING【525話】最新話のネタバレ

 

ジャイアントキリング!524話のネタバレ

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

#525 アジアカップ準決勝 VS.オーストラリア

 

 

左サイドを駆け上がった椿に対して、

オーストラリアのエースサリバンが反則すれすれの

スライディングタックルでボールを奪う。


 

 

サリバンはそのまま、

前線にまだデカい選手が残っている日本ゴール前にボールを放り込む。

 

 

競り勝ったオーストラリアは

ゴール前に飛び込み、

 


 

そのシュートは運よくポストに跳ね除けられ、

日本はゴールを割られずに済んだ。

 

 

 

オーストラリアのエース・サリバンは徐々にギアを上げてきた。

 

 

 

それと同時にオーストラリア全体もペースを上げてきたことを感じた椿は、

このまま向こうにペースを渡すわけには行かないと気を引き締めた。

 

 



 

 

オーストラリアは

慎重さを友好的に使いはじめ、またサイドではスピードに乗った攻撃を見せ始める。

 

 

 

フィジカルを前面に出したプレーで日本に襲い掛かる。

 

 

 

ライン際まで上がった再度のクロスが、日本のゴールキーパー星野を超えてしまう。

さわればゴールという場面を与木がギリギリのところでクリアする。


 

 

 

いつの間にか主導権を奪われた日本。

ベンチではオーストラリアの

サイドバックが逆のサイドでプレーし始めたことを分析する。

 

 

 

チームに緊張感を持たせるためにポジションを替え、リスクを敢えて侵しての采配だと

ブランはオーストラリア監督・ゴードンを称えた。


 

この想定内なのかわからない戦術に

オーストラリアはうまく対応しているかのようにみえ、

逆に日本は後手後手に回ってしまっている。

 

 

 

この修正をするにはハーフタイムが必要だと見ている者は感じている。

 

 

それまで10分耐えられるか?

そんな時、微笑みながらオーストラリア10番が絶妙のパスを前線へ送った。

 

 

GIANTKILLING【52巻】発売日とネタバレ!

『GIANTKILLING』などモーニングをすぐに無料で読む

『GIANTKILLING』の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、モーニグも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
モーニングを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTでモーニングを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

ジャイアントキリング 最新話のネタバレ感想

 

2点リードされたオーストラリアは主導権を奪い、日本のゴールに襲い掛かる。フィジカルで優位のオーストラリアはそれを最大限に生かしてプレーするようになる。

次回、前半終了間際。ついにオーストラリアは日本のゴールを割ることに成功する!?