週刊モーニングで連載中の

『GIANTKILLING』ジャイアントキリング

2019年32号7月11日発売の最新話です。

 

GIANTKILLING【52巻】発売日とネタバレ!


『ジャイアントキリング』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 
スポンサーリンク





GIANTKILLING【524話】最新話のネタバレ

 

ジャイアントキリング!523話のネタバレ

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

#524「アジアカップ準決勝 VS.オーストラリア戦」

 

 

 

椿の突破によって生まれたセンタリングをアレックが受け、

そのボールを花森が受ける。

 

 

花森は冷静にオーストラリアディフェンダーの足元の位置を捉え、

シュートを放つ。

 

 

 


 

ボールは見事にオーストラリアゴールに突き刺さり、

日本代表は2点もリードすることに成功する。

 

 

 

いつもブンデスリーガで揉まれ、大きな選手たちとやり合っている。

だからこそ繰り出せるテクニックが身についている。

 

 

 

流石としか言えない。

椿はこの日本代表の凄さを肌で感じていた。

 

 

 

1か月くらいしかない活動期間の中で日に日に高まっていく連携。

どんどんチーム力が向上していく。

 

 

 

だから、ここでプレーすることは面白いとも感じていた。

オーストラリアベンチはこのままやられっぱなしでいいのか?と檄を飛ばす。

 


 

勿論、選手たちもそう思っていない。

オーストラリアは椿に対する選手を入れ替えた。

 

 

 

これは、椿がいままで当たっていたオーストラリアの19番に勝ったこと。

椿は世界に対して戦えていると実感した。

 

 

 

躍動する日本代表。

これ以上ないスタートを切った。

 

 

しかし、これは単純にラッキーではない。

 

 

 

 

日本代表には分析のスペシャリストがいて、オーストラリアの弱点をさらけだし、

そこを確実に狙えるメンバーをブランが選び出した。

 

 

 

前半でいきなり2ゴールは出来すぎだが、序盤からのハイプレスからの奇襲は成功し、

いまはベタ引きで相手の攻撃を見事に跳ね除けている。

 

 



 

 

見事に統率がとれている。

 

 

 

セットプレーでは分があるオーストラリアだが、そこにアレックらを起用したのも、

オーストラリアのセットプレー対策だろう。

 

 

 

 

だが、そこまで都合よくいかないもサッカーっていうものだ。

 

 

 

 

椿がまたカウンターで

左サイドを駆け上がろうとしたとき、

 


 

 

 

オーストラリアエース

サリバンの鋭いタックルによってボールを奪われた。

 

GIANTKILLING【52巻】発売日とネタバレ!

『GIANTKILLING』などモーニングをすぐに無料で読む

『GIANTKILLING』の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、モーニグも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
モーニングを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTでモーニングを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

ジャイアントキリング 最新話のネタバレ感想

 

 

 

綿密なスカウティングを行う事は、日本代表の十八番。ブランはそれにより素晴らしい人選とチームの融合をもたらした。一流の監督であることの証だ。しかし、このままオーストラリアも黙ってはいない。

次回、ようやくエンジンがかかってきたオーストラリア。強靱なフィジカルを前面に押し出したプレーで日本のゴールに迫る。