週刊モーニングで連載中の『GIANTKILLING』ジャイアントキリング
2019年20号4月18日発売の最新話、第514話のネタバレです!

 

GIANTKILLING【51巻】発売日とネタバレ!

 

スポンサーリンク





GIANTKILLING【515話】最新話のネタバレ

 

ジャイアントキリング!514話のネタバレ

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

#515

 

ETUのクラブハウスに椿移籍するかもしれないという情報がもたされる。

 

それは、椿の契約内容、移籍金についての身分照会がドイツブンデスリーガ2部のあるクラブからの打診であった。

 


 

達海はそんなものはただの探りだ、よくある話だという。

今椿は大切な状況だ。

 

 

余計な情報を椿に与えて動揺させないように、このような情報が漏れないようにしろと指示する。

日本もいままでと違い外国で活躍している選手が多い。

 

 

だからこそ、大きな大会で活躍すればヨーロッパのクラブは獲得を考え、

もう見逃すことができないマーケットとなっている。

 

 

赤崎だってこのままU-22で活躍していればわからない。

今まで弱かったETUだが、最近多く有望な若手が代表で活躍してる。

 

 

永田はまた昔みたく弱くなってほしくないと嘆く。

しかし、達海は逆にこれこそが面白いと説く。

 

 

フロントはなるべく選手を高く売り、いい選手を安く獲得する。

そして、若くて即戦力の選手を育成する。

 

 

現場はファンやサポーターに愛されるために勝たなければならない。

サッカークラブというのは誰かがさぼったら成り立たない組織だ。

 

 

 

「なんとも まあ やり甲斐のある世界じゃねーの」

そう達海は語った。


 

 

そのころ椿は窪田や畑らと熱いUAEの街中を散歩していた。

 

椿は散歩しながら昨夜窪田が海外への思いを思い起こし、改めて驚いていた。

 

 

椿自身未だに海外でプレーすることに対して、まともに想像できないでいる。

 



 

自分も海外でもまれれば今よりも、もっと成長するのだろうか?と自問自答したが、

あまりにもそう都合よくいかないだろうと思い、考えるのをやめた。

 

 

八谷の元にチームメイトの韓国代表の選手が駆け付ける。


 

そこにはオランダでバリバリに活躍している選手もおり、

その選手は椿はどこの国のリーグに行きたいのかと聞きながら握手を求めた。

 

 

『GIANTKILLING』などモーニングをすぐに無料で読む

『GIANTKILLING』の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

 

U-NEXTは、モーニグも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
モーニングを画像付きで楽しんでください。

U-NEXTでモーニングを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

『GIANTKILLING』51巻の発売日はいつ?

ジャイアントキリング 最新話のネタバレ感想



 

日本のサッカークラブはいまやヨーロッパのクラブの草刈り場だ。サラリーも安い分とても魅力的なマーケットだろう。

 

椿もそんな選手の一人だ。

 

しかし達海が言うように常にいい選手を育て、獲得し、より高く売り、クラブを発展させる。これこそがクラブの運営の醍醐味だろう。

次回、オーストラリア対策に奔走するブラン。一体どのような戦術を用いるのか!?