グランドジャンプで連載中の『キャプテン翼ライジングサン

2019年6月5日発売の第95話のネタバレです!

 

『キャプテン翼ライジングサン』9巻の発売日いつ?

スペイン プロサッカーリーグ「リーガ エスパニョーラ」の名門チーム、バルセロナに入団した大空翼は、新人ながらゲームメーカーとして、リーグ優勝をかけたシーズン最終戦に臨んでいた。

そして、その先に翼が目指すもの、それはU-23日本代表を率いての、五輪での金メダル。翼たちの新たなる挑戦が、今ここに幕を開ける!!

 

スポンサーリンク





キャプテン翼ライジングサン第95話「不屈の2発」ネタバレ

キャプテン翼ライジングサン第94話のネタバレ

 

第95話「不屈の2発」ネタバレ

 

日本VSドイツのロスタイムは残り3分。

 

 

3-2で1点リードしているドイツは、

4点目を取りにいかず前衛を下げ全て守備に回します。

 

 

日本は翼と岬を中心に攻めますがドイツの堅い守りで中央突破は困難です。
そこで翼は外からのロングシュートでドイツゴールを狙います。

 

 

「いけェ!!」

 

 

ノーマークから右足に魂を込めたドライブシュートが炸裂。

 

 

上空から急降下するシュートはゴール前を固めたカベを難なく超えていきます。
コースはゴール右上のスミ。

 

ドイツのキーパー鉄壁のミューラーは

懸命にジャンプして、このボールを右手ではワンハンドキャッチしようとします。

 

 

しかしボールのドライブ回転が凄く手に噛み合いません。
キャッチしきれずこぼれ球をFW日向がヘディングに。

 

翼はここまで考えてシュートを撃っていたのです。
決まれば同点。

 

 

しかし、ドイツはマーガスが頭で日向に撃たせません。

 

決まってもおかしくないシーンでしたが、

本来FWのマーガスまでゴール前に下げてのドイツは全員守備。

 

 

そして二人が競ったボールは

同じくFWのシェスターがオーバーヘッドでクリアし、ボールはサイドラインを大きく割りました。

 

ドイツはピンチを脱出。
残り時間が殆どありません。

 



 

翼は同じく外から攻撃を組み立てようと、

スローインをする早田にボールをよこすように声をかけます。

 

 

しかし、翼には仕事師カルツが残りをマンマークにつきます。
パスを出しあぐねる早田に別の声。

 

 

途中退場からフィールドに戻ってきた三杉です。

 

シュナイダーとの激突で

三杉に心臓マッサージをした翼は、彼の心臓は止まっていたのを思い出します。

 

 

するとトラップする三杉の周囲に再び天使のお迎えが!
サッカーで命を落としても悔いはないと覚悟を決めている三杉。

 

 

天使の群れを感じたミカエルは

三杉を天国に連れていくな、と止めろ叫びます。

 

スタンドで弥生が無事を祈る中、

三杉は渾身のドライブシュートをゴール左スミに撃ちます。

 

今度は左にジャンプするミューラー。
左手は負傷しているためパンチングでまたもやゴールを許しません。

 

『キャプテン翼ライジングサン』9巻の発売日いつ?

『キャプテン翼ライジングサン』感想と次回の予想

 

中学生時代に無敵を誇ったドライブシュートですが、止めるミューラーはドイツでは若林と1、2を争うキーパーだけのことはあります。

 

そして驚きの三杉までドライブシュートでした。 天使の話は三杉の心臓が動き出して終わりかと思いましたが、またまた再登場です。

 

しかも人数が最初の時よりも増員してのお出迎えです。

果たしてミカエルの不思議パワーで天使を追い払うことができるのでしょうか?

試合はその三杉が倒れていた分アディショナルタイムはあるはずですが、日本ピンチの状況に変わりはありません。