週刊ヤングマガジンで連載中の『アルキメデスの大戦』

2019年8月26日発売の39号に掲載された

最新話、第182話のネタバレです!

 


アルキメデスの大戦の立ち読みは・・ここ

『アルキメデスの大戦』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 
スポンサーリンク





アルキメデスの大戦【182話】ネタバレ

アルキメデスの大戦の立ち読みは・・ここ

 

アルキメデスの大戦【182話】窮余一策

 

 

陸軍の本音を見た櫂。
牟田口の叛意は彼を全権大使に任命した東條英機の思惑によるものだった。

 

日米交渉をブチ壊す。
戦争回避を望む櫂の希望はここで潰えてしまうのか。

 

 

席を立つアメリカ交渉団。

 

 

日本側はそれを引き止めようとするも、国務長官のハルたちは振り向くこともなく退室をしていく。
これでは帝国陸軍が戦争の準備があると宣言したようなものだ。

 

 

このまま交渉がまとまらず帰国をすれば、陸軍は本気で日米開戦を推し進めることになるだろう。
こちらはアメリカ交渉団の控え室。

 

 

全く話が違うとハルの怒りは収まらない。
対ソ連の共産主義拡大阻止は、協調路線として日本が積極的のはずだったからだ。

 

 

 

それを自ら覆すのは一体何だと言う。
陸軍長官のハリーは、交渉に際して帝国陸軍が本音を隠して同行したと推測。

 

 

要するにアメリカと戦う心づもりがあると直接に伝えたかったのだろうと、海軍長官のクロードも同意見だ。

 

馬鹿馬鹿しいとハルが思うも、虚勢をはるためのムダグチの単なる自己満足にしか過ぎない。
いずれにせよ日本の意見が統一出来ていないため、これ以上の交渉は出来ない。

 

 

 

その旨を日本に伝えて交渉団は解散だとするハル。
大統領の内心は戦争をしたい意向である。

 

 

陸軍は命令があればそれに従うだろう。

 

 

しかし海軍はあの巨大戦艦「大和」に立ち向かわなくてはならない。
交渉を台無しにしたのは日本でアメリカに責任は無い。

 

 

大統領も喜ぶだろうと考えるハル。
一方、こちらは日本の控え室。

 

 

当然にして意見を変えた牟田口に質問が飛ぶが、米国に腹が立ったと事も無さげだ。
それどころか協定を結べば我が国の品格が落ちるとまで言うのだ。

 

 

外務省の堀口大使は外交的に

失われた日本の信頼を懸念するが、牟田口は何を弱気なことをとこれを一喝。

 

 

まずは米国の謝罪が先だと、日本側からの交渉再開の要請など言語道断。

 



 

日本の武士道が許さないとまくし立て、帰国の用意だと部屋を後にする。
アメリカとの関係断絶を絶望視する堀内大使。

 

 

牟田口を介さない方法で交渉再開、しかもアメリカが望んでの形にしなくはならない。

 

その時に櫂はテーブルにあった新聞に

目をつけると、堀内に親しくジャーナリストはいないかと声をかけた。

 

 

翌日。
ハルは新聞に目をやり驚きの表情を浮かべる。

 

 

昨日の日米交渉が新聞にリークされていたのだ。
内容は極秘裏に行われた会談をアメリカが一方的に拒否。

 

 

これにはアメリカのマスコミから戦争開始かと質問が矢継ぎ早に飛んでくる。

 

 

熱気に包まれた会見室。
ハルは日本側の仕掛け人が櫂だと感づいた。

『アルキメデスの大戦』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

アルキメデスの大戦【182話】

 

外交折衝は難しい。 特に秘密裏の会談でありながら国益のためとはいえリークした櫂の行動は、結果的に相手国のメンツを潰した事になる。

 

ましてや大統領の意思通り日米開戦に決まりかけていたハルにとってみれば失点となり、櫂は恨みを買いそうな勢いある。

 

次回以降は交渉再開の運びとなりそうだが、ホスト国のプライドをかけて、アメリカは日本に厳しい条件を突きつけそうだ。果たしてこれが後の「ハル・ノート」への伏線となるのだろうか。