アクタージュ act-age【第85話】は

2019年10月12日(土)発売 週刊少年ジャンプ2019年46号に掲載されました。

最新話のネタバレを紹介します。

 

気になる方は、読んでください。

 

最新刊の立ち読みは・・・こちら


 

『アクタージュ』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

ストーリー

大手芸能事務所スターズが主催する俳優オーディション。未来のスターを目指す3万人の応募者の中に、異彩を放つ少女が1人──天才女優と鬼才監督の出会いから始まる、1本の映画を巡るアクターストーリー、開幕!!

 

アクタージュ【9巻】無料で読む方法!最新刊の発売日いつ?

 

スポンサーリンク





アクタージュ 85話 最新話のネタバレ

 

アクタージュのネタバレ!

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

アクタージュ 85話「開戦」

 

夜凪の父親との不倫関係を開幕直前に告白した花子により、夜凪の怒りはピークに達します。

 

花子の告白による怒りを自らの演技に内包させる夜凪は、観客席後方から歩いて舞台に向かいますが、その怒りを感じてか観客は恐怖のあまり誰も夜凪と目を合わせようともしません。

 

 

そこに現れた大賀美が演じる孫悟空が登場してきました。
あぁ、この舞台は羅刹女という悪女を孫悟空が退治する物語なのだと、観客は理解するのでした。

 

 

ついに舞台で対峙する大賀美と夜凪。
“何の用です”と冷たい空気を放つ夜凪が演じる羅刹女。

 

 

そこに牛魔王の芭蕉扇が欲しいと大賀美がやはり観客席から現れたのです。
観客は本物の大賀美を見て声には出さないが興奮します。

 

 

そして何故かホッとするのです。

 

 

この安定感。

 

凍て付くような雰囲気を一変させましたが、これからが本番です。
しかし、夜凪が喋ると再び緊張が走ります。

 

 

夜凪の成長に油断すると自分の演技が飲み込まれると、歌舞伎の見得を切るような咄嗟の工夫で乗り切ります。

 

 

まさにこれは綱渡りの芝居です。
仮に夜凪の演技が大賀美を上回ると、この先が想像もつかない狂気の舞台になります。

 

 

しかし大賀美が上回れば、それは高揚の舞台に変わります。

 



 

そのためには夜凪に負けないようさらに工夫をする大賀美。
二人の立ち位置を見ると、本来ならば背を向けていたはずの大賀美が観客側に向いて入れ替わっています。

 

 

より目立つように羅刹女のポジションを奪ったのです。

 

 

スターひしめくアメリカで体験してきた大賀美は、本当に恐ろしいのは夜凪のように「作品に愛される才能」がある強運の天才であることを体感しています。

 

 

そこで大賀美は対抗策として、次のセリフを観客一人一人に話しかけるようにして、自分の味方につけて戦うつもりです。

 

 

「お前ら皆、この俺が助けてやるってな!」

 

 

大賀美演じる孫悟空が、演技での村人たちと観客たちをオーバーラップさせて一体感を生み出して夜凪の芝居と真っ向勝負となります。

 

アクタージュ【9巻】のネタバレと最新刊の発売日

『アクタージュ』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

アクタージュ 【85話】最新話のネタバレ感想

 

アメリカ帰りの大賀美は夜凪すら「新宿ガール」と小物扱いしていましたが、今の舞台では立場は逆転してしまいました。 それだけ夜凪の役者へのスピードが速いのか。 それとも花子の告白が大賀美のキャリアすらも上回る迫力を持たせたのか。

 

おそらくは、作品に愛されるという大賀美のセリフにあるように、この芝居に関しては、花子と夜凪の相性は良かったと思われます。

その意味では自分に合う作品に出会えた夜凪は強運の天才と言えるでしょう。 大賀美が観客を味方にしたことから、悪い人=羅刹女という勧善懲悪のストーリーが出来上がるかが楽しみです。

 

漫画の最新刊を無料で読む方法