アクタージュ act-age【第72話】は

2019年7月8日(月)発売 週刊少年ジャンプ2019年32号に掲載されました。

最新話のネタバレを紹介します。

 

気になる方は、読んでください。

 

最新刊の立ち読みは・・・こちら


 

『アクタージュ』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

ストーリー

大手芸能事務所スターズが主催する俳優オーディション。未来のスターを目指す3万人の応募者の中に、異彩を放つ少女が1人──天才女優と鬼才監督の出会いから始まる、1本の映画を巡るアクターストーリー、開幕!!

 

アクタージュ【8巻】無料で読む方法!最新刊の発売日いつ?

 

スポンサーリンク





アクタージュ 72話 最新話のネタバレ

 

アクタージュのネタバレ!

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

アクタージュ 72話「努力」

 

 

約束の日になっても夜凪は戻ってきませんでした。

 

夜凪はきっと来ると説得にかかる武光ですが、逃げたなと言って聞いてもらえません。同じ組で演じる予定の役者たちもやってきますが、王賀美はタイムリミットだといいハリウッドに戻るため空港に向かってしまいます。

 

 

その頃、山を降りた夜凪と花子でしたがスマホの充電も切れており、元々連絡先も知らないため連絡することが出来ずに居ました。

 

天候の悪化で下山ルートを変更し、大幅に時間をロスしてしまっていますが、バイクの二人乗りで急いで王賀美の元に向かっていました。

 

 

既に空港にいる王賀美はマスコミやファンに囲まれ、ドタキャンの理由を詰められますがまったく意に介しません。

 

王賀美が帰ってしまうと当然舞台は成り立たなくなり、企業スポンサーも彼のネームバリューで集めていたので損害はとんでもないことになります。

 

プロデューサーの天知もそうなれば業界に居られなくなってしまうくらいの事態ですが、夜凪が来なければどうしようもない、と焦りもせず落ち着いています。

 



 

武光はこの舞台にかけていて諦めたくないと説得にかかります。

 

それに対し王賀美は、自分は俳優になるための努力はなにもしていない、スカウトされて賞を貰ってそのまま今に至っている、それなのに人気は上がるばかりだと語ります。

 

 

気づいたのはありのままの自分を愛してもらっているからだということ、そのことに感謝して自分が自分のままであり続けるという努力を自分に課している、だからここで曲げてしまうと自分ではなくなってしまうと告げます。

 

 

そんな王賀美が何を夜凪に期待していたのか問うと「遊びたかったんだよ俺と対等な女とこの国で」と答えます。

 

やはり夜凪にしか止められないと武光も説得を諦めてしまいます。

 

そこに百城千世子と明神阿良也が説得にやってきます。

 

天知が呼んだようです。

 

二人は成長を続けており、本当の遊び相手になるのは自分たちだと王賀美に挑発をしかけるのでした。

 

アクタージュ【8巻】のネタバレと最新刊の発売日

『アクタージュ』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

アクタージュ 【72話】最新話のネタバレ感想

 

遅刻問題に少し時間をかけすぎかなという気がします。山での修行シーンも長かったのでわざわざ到着が遅れるようなシーンを入れずとも、早く王賀美がびっくりするシーンが見せて欲しかったです。

 

王賀美の役者としての有り様に迫る独白は良かったですね。ただ自分であることが愛される、というわかりやすいカリスマであると思います。

 

引き止めるために千世子と阿良也が来ましたが、やはり時間稼ぎにしかならず結局のところは夜凪の到着を待つことになると思います。

 

漫画の最新刊を無料で読む方法