アクタージュ act-age【第65話】は

2019年5月20日(月)発売 週刊少年ジャンプ2019年25号に掲載されました。

最新話のネタバレを紹介します。

 

気になる方は、読んでください。

 

最新刊の立ち読みは・・・こちら


 

『アクタージュ』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

ストーリー

大手芸能事務所スターズが主催する俳優オーディション。未来のスターを目指す3万人の応募者の中に、異彩を放つ少女が1人──天才女優と鬼才監督の出会いから始まる、1本の映画を巡るアクターストーリー、開幕!!

 

アクタージュ【7巻】無料で読む方法!最新刊の発売日いつ?

 

スポンサーリンク





アクタージュ 65話 最新話のネタバレ

 

アクタージュ【64話】のネタバレ!

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

アクタージュ 65話「邂逅」

 

 

テレビのニュース

 

新宿御苑で客同士のトラブルかと思いきや、
ハリウッドにいるはずの王賀美陸の姿がと騒ぎになっています。

 

そしてハリウッド映画をドタキャンし、来日した理由が明らかに。

 

 

「舞台だよ舞台 新宿ガールとスターズの桃尻?も出るんだろ?」
「あの子役が今じゃ有名人らしいな あ?知らない? スターズの桃尻千世子だよ」

 

 

来春公開の舞台のための来日だと。

 

 

王賀美陸さんを筆頭に百城千世子さん、夜凪景さん、明神阿良也さんと錚々たる面々が
出演との―――

 

 

ニュースを視聴中の夜凪は
「阿良也君⁉ 千世子ちゃんの共演相手って阿良也君なの⁉」

 

「そうだよ 言ってなかったっけ?」
「聞いてない!ていうか黒山さんから今回何も聞いてない‼」

 

 

「今回 阿良也も敵方だよ 千世子と揃ってな 怖かったら辞退してもいいけど」

 

 

すぐ私のことを挑発すると怒りかける夜凪だが、二人のことが思い浮かび、
「怖いけどそれ以上に 楽しみ」と返答する。

 

 

打ち合わせ日、改めてキャストを説明する天知。

 

 

「羅刹女」は2つのグループからなるダブルキャスト公演で、
サイド甲、羅刹女役に夜凪景、孫悟空役に王賀美陸。

 

 

サイド乙、羅刹女役に百城千世子、孫悟空役に明神阿良也。

 

 

さながら スターズの天使と劇団天球の落とし子 VS 新進気鋭の天才女優とスターズを捨てたスター

 

 

売れそうでしょうと天知。

 

 

 

「それは保証するよ 私が主演だもん」
「売る売らないには興味がないよ俺達は役者だ」

 

その後もいろいろと意見が対立する千世子と阿良也だが、
台本を同時に要求する一面も。

 

 

その時点になってやっと夜凪は天知がなぜここに居るのかと問いただす。

 

 

私がこの舞台のプロデューサーだからと答えるが、聞いてないと言い
更に私は貴方が嫌いだものと突っかかる夜凪。

 

 

 

すると「あなたが喜んでくれると思って頑張ったのですが…」
と軽く泣いてみせる天知。

 

 

「俺はあんたに感謝してるよ天知さん」

 

 

先の舞台では夜凪に助けられた。だからこそ
「君の芝居を霞ませるつもりで挑むよ夜凪 覚悟してくれ」

「ふふ 変なの 夜凪さんを霞ませるのは私の役割なのに」

 

は?

 

うん?

 

 

(なんか嫌な仲間割れの仕方だわ…)

 

 

「それで私の共演者はいつ来るの?」

「ああ遅刻中でしたが 今来ました」

 

 

いきなりバラの花束を持ちながら夜凪を抱きかかえる王賀美。

 

「あえて光栄だ新宿ガール 思ったより軽いなちゃんと食ってるのか?」

 

「お近づきの印に」とキスをしようとするが、
「よく見るとガキじゃねーか新宿ガール 今いくつだ?」

 

 

「来年高3」

 



 

 

「花束はお預けだな」
今はまだ一本だその方が似合うと一輪だけ髪に飾る。

 

 

「だが安心しろ この俺がお前を女にしてやる」
「今夜は一先ずウルフギャングでTボーンステーキといこうか」

 

 

「えっステーキ⁉」とよだれを垂らす夜凪。

 

 

その光景を覚めた目で見る阿良也と千世子
「はぁ…確かに共演者を知るのに食事は悪くない…メシ行く?」

 

「うん それで勝てるなら」

「吉野家で良い」
「うん それで勝てるなら」

 

「さて皆さん 話も弾んできた所ですが今日はお開きです」
「私の舞台 羅刹女ダブルキャスト公演はこの4人乗スターを中心に作ります」

 

 

「演劇であり映像になる 国内過去最大規模の舞台になります」
「他のキャストはオーディションを終え只今審査中 来週には稽古に入ります」

 

 

「では皆さん 良い舞台にしましょう」

 

「天知さん さっきはごめんなさい」

 

「好きなことを力いっぱいできる こんな大きな舞台でこんなすごい人達とお芝居が出来る」
「こんな幸せなことってないわ」

 

 

「ありがとう 必ず良い舞台にする」

 

アクタージュ【7巻】無料で読む方法!最新刊の発売日いつ?

『アクタージュ』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

アクタージュ 【65話】最新話のネタバレ感想

 

ダブルキャスト編が始まった訳ですけど、千世子と阿良也のコンビがいきなり良いですね。

 

すぐに意見が対立したと思ったら、台本を同時に求めるなどのタイミングだったり、天知を泣かせた所で夜凪に2人揃ってあーあと言ったり息がぴったりです。

 

以前からこの2人が絡んだら面白そうだと思っていましたのでこれから楽しみです。

 

そしていきなりハチャメチャなキャラで夜凪を口説くような態度の大賀美ですが、ステーキによだれを垂らすなど、天然で口説かれているのに何かがズレている夜凪がとても可笑しいです。

 

漫画の最新刊を無料で読む方法