2023年6号1月7日発売の週刊ビックコミックスピリッツで連載中されている『アオアシ』のネタバレとなります。

 

アオアシ【31巻】の発売日はいつ頃?

 

アオき原石よ、「Jユース」で飛翔せよ!
愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。

粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、
まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――

そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」の
ユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。

アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、
東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?

将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、
ここから急速に回り始める!!

 

本がレンタルできる便利な
Renta!

 

スポンサーリンク





『アオアシ』第318話のネタバレ

 

『アオアシ』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ
ビックコミックスピリッツで最新話も読めます!
※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

『アオアシ』のネタバレ

 

 

『アオアシ』第318話「Pulpo a la plancha con crema de patata」タコのプランチャポテトピューレ添え

スペイン留学を前にして、墓参りのために福田と愛媛に訪れた花。
2人が松山市内で食事は、福田が絶賛するカレー屋さんだった。

 

派手ではないが、素朴で何度も食べたくなる故郷の味である。
スペインの食事も美味しかったと思い出す福田。

 

その中でも今でも覚えている料理があった。
「タコのプランチャポテトピューレ添え」である。

 

話は福田がサバデルに移籍した時に遡る。
チームは連敗して監督は途中解任。

 

福田はコミュニケーション不足を新聞に指摘されていた。
助っ人でありながら2試合連続でスタメンから外れた福田。

 

練習では散々アピールしているが、パスを出しても戻ってこないのです。
不満がたまる福田だったが、街の人々はそれ以上のようだ。

 

福田を見るなり誰もが怒鳴り、何人もが詰問するのだった。
事情が呑み込めない福田に対して、チームの通訳を担当するイーサンが説明をする。

 

街の歴史と共に歩んできたスペインのクラブ。
サッカーはもはや文化である。

 

チームが負ければ選手への風当たりは当然強くなる。
しかし福田はこの逆境を最高だと楽しんでいる。

 



 

街の中で少年とサッカーをする福田。
すると周囲の人々の反応が変わっていた。

 

福田に手ほどきを受けた少年もトラップがすぐに上達したのだ。
孫が世話になったと、不機嫌ながらも福田にお礼として料理をおごるバルの店主。

 

その時の食事が例のタコ料理だったのだ。
福田がスペインで初めて達成した仕事とは、子供にサッカーを教えること。

 

あの時の味こそ、第二の故郷の味。
福田は嬉しそうに昔話を語るのだった。

 

『アオアシ』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ
ビックコミックスピリッツで最新話も読めます!
※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

『アオアシ』318話はこんなお話しでした。

 

サバデル時代の福田のエピソードである。

 

中国人とチームメイトから見下された感の福田だったが、今回の出来事を通訳のイーサンが見ていたのは幸運だったろう。

 

最初は罵っていた街の人々だったが、福田の実力を理解したようだ。 監督の解任については、福田を出場させなかった時点で自業自得ともいえる。

 

アオアシ【31巻】の発売日はいつ頃?