2022年7号1月17日発売の週刊ビックコミックスピリッツで連載中されている『アオアシ』のネタバレとなります。

アオアシ【27巻】の発売日はいつ頃?

 

アオき原石よ、「Jユース」で飛翔せよ!
愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。

粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、
まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――

そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」の
ユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。

アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、
東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?

将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、
ここから急速に回り始める!!

 

本がレンタルできる便利な
Renta!

 

スポンサーリンク





『アオアシ』第280話のネタバレ

 

『アオアシ』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ
ビックコミックスピリッツで最新話も読めます!
※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

 

「Jユースvs高校編、完結」

前線にでたものの、青森星蘭の怒涛の攻撃により、思わず守りに入りそうな阿久津に対し、そのまま前にとどまれ、と指示をだすアシト。

 

 

そこにはいないだろうという思いで出された青森星蘭のパスをなぜかそこにいるアシトがパスカットに成功する。そ

 

 

してそのまま一気に縦パスを送る。

 

 

すでに世代別日本代表の背番号10番である北野の先を読む目がぐにゃりとゆがむ。

 

これは前半に北野の先を読む目によってアシトがゆがめられた時と同じ状態だった。

 

 

縦パスを受けた阿久津は敵のマークを強靭な肉体で振り切り、キーパーも冷静にかわしゴールを決めるシーンから今話は始まる。

 

 

阿久津のゴールに歓喜して抱き着く上級生と、鋭いパスカットから最高の縦パスをいれたアシトに抱き着く下級生がそれぞれに歓喜の輪を作る。時

 

 

間はすでにアディショナルタイムに入っていたため、ゴールによりそのまま試合は終了。

 



 

念願の高円宮杯U-18プレミアリーグイースト 優勝をエスペリオンが決めることになった。

 

青森星蘭の成宮監督とエスペリオンの福田監督は試合終了後に握手。

 

 

その際の会話で、成宮監督は戦術的には負けていなかっただろうと強気のコメントをするが、あわせて勇退することも発言する。

 

エスペリオンの福田監督は、ユースも高校も関係なく、どんな環境でも這い上がってくるのが才能で
自分たちができるのはそれを見出してやることであり、そこは成宮監督と同じであると伝え、お互いをたたえあう。

 

 

優勝の記念写真ではぐずる阿久津をキャプテンだろ、と前面にだしてトロフィーを持たせ、笑顔は浮かべることのできないキャプテンを中心に記念写真。

 

そのなか、トップチームよりアシトにお呼びがかかったと福田監督に連絡が入る。

 

『アオアシ』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ
ビックコミックスピリッツで最新話も読めます!
※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

『アオアシ』280話はこんなお話しでした。

 

大苦戦した青森星蘭戦を制し、劇的な形で高円宮杯U-18プレミアリーグを制したエスペリオンユース。エスペリオンは選手同士のリスペクトがはっきり伺える最高の状態でシーズンを終える。

 

監督同士もお互いを理解しあい、無事リーグ戦が終わったところにヨシとに対してトップチームからの呼び出しがかかり、新たな展開に話は進む。

アオアシ【27巻】の発売日はいつ頃?