週刊少年チャンピオンで連載中の

もういっぼんの最新話43話のネタバレを紹介します。

9月5日発売された第40号の内容です。

 


『もういっぽん』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 
スポンサーリンク





もういっぽん【ネタバレ】43話

 

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

43話「燃えよ拳」

 

全国大会・金鷲旗に出場した青葉西柔道部は3回戦進出。
しかし次の相手は強豪立川学園で、監督は夏目先生の後輩犬威でした。

 

先輩とはいえ全力で叩きにいくと布告する犬威に対し、今の青西の選手たちは黄金時代だと夏目も負けるつもりは毛頭ありません。

 

 

いよいよ戦いが始まります。
早く試合がしたくて仕方ない未知。

 

 

対する立川学園のオーダーです。
1年生で5人抜きした小田桐。

 

 

「重戦車」富士森。
「アナコンダ」望月。

 

 

「畳の鬼」キャプテン榊原。

 

あれ?
「技のジャングル」真島がこの試合は出ないようです。

 

 

それもそのはず。
金鷲杯は優勝するまで2日間で7試合をこなすハードスケジュールです。

 

 

そのため、強豪高校はここぞという時まで体力を温存して、控えの2枠を使う戦略を立てています。
実際、初戦は榊原が控えでした。

 

 

舐められているのかと早苗は思いますが、夏目は「そうとばかりとは言えない」と肯定的に捉えています。

 

 

何故なら対青葉西高用に貴重な控え、エマ・デュランを投入してきたからです。
そのスタイルの良さに目を奪われる未知たちですが、ネットを検索してもほとんど情報がありません。

 

 

しかし春からのレギュラーを下げるほど。
つまり、青葉西をそれだけ警戒していると夏目は言うのです。

 



 

一方で、立川の選手たちは未だに青葉西の校名すら覚えていません。
それでも犬威はトーナメントで怖いのは実力が未知数の選手、実力以上の結果を叩き出してくる選手たち。

 

 

それを引き出す監督がいるチームが番狂わせを起こすと油断がありません。
それを聞いて、それ以上の実力でねじ伏せるとアナコンダ。

 

 

先鋒は未知と小田桐。
手が震えている未知を見て、5人抜きした自分が怖いと勘違いする小田桐ですが、未知は武者震いをしていたのです。

 

 

問答無用のポジティブに影響を受け、夏目も「勝つよ!」と気合を入れます。
主審の合図で勢い良く飛び出す未知は、夏目から教えられた強豪相手の策を試します。

 

 

左手で相手の右襟を掴む過剰なフリをして、空いた本命の左襟を掴むと、後は自分を信じて会心の一本背負いの体勢に入ります。

『もういっぽん』チャンピオンをすぐに無料で読む

もういっぽんの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、チャンピオンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
チャンピオンを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでッチャンピオンを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

もういっぽん【ネタバレ】43話の感想

 

強い相手にワクワクが止まらない未知。 新しい二つ名「いっぽんみち」で早くも小田桐を投げにかかります。

 

立川はデュランの強さを驚異的なものとしているだけに、武者震いを怖いと勘違いする小田桐は1年生の未熟さから次回技あり以上のポイントを取られて敗戦し、未知と次鋒のデュランが対戦するフラグしか感じられません。

 

今回は未知のやる気に監督の夏目が引っ張られた感も見受けられました。 あまり感情を出さないタイプですが、その分熱いものを秘めています。