週刊少年マガジンで連載中の「はじめの一歩」

2019年5月15日に発売された1261話のネタバレを紹介します。

 


『マガジン』最新号を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


はじめの一歩は電子書籍化されていませんので注意が必要です。

 
スポンサーリンク





はじめの一歩【1261話】最新話のネタバレ

 

はじめの一歩【1260話】のネタバレ

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

 

はじめの一歩【1261話】弱点を乗り越えて

 

 

第3ラウンド開始のゴングと共に、伊賀がコーナーを飛び出し突進してきます。
それを間柴は迎撃する態勢で動きません。

 

 

やはり伊賀は3人のスタイルで間柴を追いつめにかかりました。
「よくみえるぜ・・・忌々しい3人の顔が!」

 

 

間柴の胸中を察しているのか、栗田は不敵に笑います。
「すでに体力、精神力ともにむしばまれているはずだ!爆発までもう秒読みだー!!!」

 

 

間柴のスタイルを知っている青木、木村、一歩は目には目を反則には反則をお返し
してしまうのではないかと思い、鼓動が高鳴りました。

 

 

伊賀が間柴の射程範囲内に入るや否や、間柴は鬼の形相になり今まで以上の威力で
フリッカーを発動させました。

 

 

頭を振りながら入ってこようとする伊賀の顔が何度も何度も跳ね上がりました。

 

 

それでも伊賀は止まりません。栗田の助言通り遂行するのみ。
そして間柴のふところまで潜り込むことに成功します。

 

 

「幕ノ内もそうやってしつこく来たっけな・・・」
間柴は冷静でした。すぐさま右のショートアッパーで動きを止めます。

 

 

幕ノ内より体格が大きい伊賀は、そこからまだ次に繋ぐことができるのでした。
右を振ったことであいた左わき腹ボディーブローを放ちます。

 

 

それを肘でブロックすることで今度は空いた顔にドラゴン・フィッシュブローを
放ちました。

 

 

「木村は強かったのは、俺と戦った時だけだ・・・」
これもなんと冷静に左ショートフックできれいに迎撃するのでした。

 

 

間柴が今まで見せたことが無いパンチをもらった伊賀は、もろに受けふらつきます。
ふらついた勢いで今度は頭をぶつけにかかる伊賀。

 



 

 

間柴陣営はそれをもらったら間柴が逆上するのではないかと絶望します。

 

その瞬間、なんと間柴はこれも読んでいました。不気味すぎるほど冷静な間柴、
連続で来た反則エルボーもパーリーでかわし左のパンチを返しました。

 

 

「沢村・・・お前にはもうつき合えねぇ・・・」

 

 

「教えてやる、刻み込んでやる」

「俺は誰だ・・・」

 

 

「俺は・・・」

「ボクサーだ!!!!!」

 

 

自分を取り戻した間柴はまさに無敵でした。

 

 

そのまま伊賀をめった打ちにしながらコーナーまで追いつめると、連打乱打の嵐。
会場は間柴コールで埋め尽くされていました。

 

 

伊賀にはもうなす術がありません。
コーナーに張り付けられて死刑執行される様に、たまらずレフェリーが割って入りました。

 

 

試合終了!!!間柴圧巻の勝利でした。

そんな間柴をみて一歩は思いました。

 

 

「間柴さんは、紛れもなく世界へ行く人だ・・・!」と。

最新号のマガジンをすぐに無料で読む

はじめの一歩の最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、マガジンも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
マガジンを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでマガジンを無料で読む
※はじめの一歩は電子書籍化されていませんのでご注意ください。

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

はじめの一歩 最新話1261話のネタバレ感想

 

伊賀を見事3ラウンドTKOで退けた間柴は、年齢的にも世界挑戦するのはこのタイミングが最後じゃないかと思います。

 

見事苦手分野を克服したので、もはや最強なのではないでしょうか。

 

これからの間柴に注目したいです。

 

そして、この試合を観戦した一歩の心境も気になります。こんなしびれる試合を見せられたら体がうずかないはずがありません。

 

また一歩、復帰に対する気持ちが芽生えたのではないでしょうか。早く復帰してほしいのが素直な気持ちですが・・・