週刊少年ジャンプで連載中の『Dr.STONE
2018年4月16日発売の20号、最新の第54話のネタバレです。

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!

一瞬にして世界中すべての人間が石と化す、謎の現象に巻き込まれた高校生の大樹。数千年後──。目覚めた大樹とその友・千空はゼロから文明を作ることを決意する!! 空前絶後のSFサバイバル冒険譚、開幕!!

 

スポンサーリンク





『Dr.STONE』第54話のネタバレ

「瞬きのブルージュエル」

巻頭カラー!

前回、電球を発明して、これで探索がさらに出来ると喜び、クロムがケータイ作りで足りない素材を千空に聞くが、千空は「ねえ」と言い出鼻を挫く。

 



 

他の人たちからは

ただ自分が探索に行きたいだけなんじゃないか」と思われる。

 

しかし、千空が次の工作で銅を使うから、取ってくるように言う。

 

クロムがまかせろと探索に向かう。

 

次に作るものは電球よりもさらに難しいと聞き、カセキがやる気を出す。

 


作成するものは「真空管」である。

 

千空が真空管の説明をする。

真空管を作り始め、

カセキが「大変だけど電球とほとんど作り方一緒じゃないか」と千空に言い、

 

千空は「真空管だから中の空気を無くさなければいけない」と言って、真空管の中でリンを燃やす。

 

リンに火が着いたところで外のガラスが割れてしまう。

原因は配線が膨張したことである。

 


 

カセキと千空が試行錯誤で真空管の作成に取り掛かる。

 

そして、クロムが銅を取って探索から戻ってくる。

 

銅を使って銅のチューブを作る。

 

これで周りのガラスが割れずに真空管が完成すると安心するが、

今度は竹の熱線(フィラメント)が焼き切れてしまう。

 

 

また、試行錯誤で真空管を作ろうとするが、竹のフィラメントでは根本的に無理だと分かり、クロムが千空にもっと強い材料はないかとを聞くが、「この時代じゃそんなものはない」とみんなに言う。

 

村のみんなは何かないかと、
今まで採取した鉱石の中から探す。

 

ケータイが作れないなら別の手を考えようとしている千空のところに、あさぎりゲンが初日の出に誘いに来る。

 

みんなで初日の出を見ているときに、

スイカが持っていた石に光が当たり、青く輝く。

 


なんとスイカが持っていたのは
現代のフィラメントにも使われる『タングステン』だった。

 

洞窟の川で見つけたことから、洞窟内部に探しに行こうとする。

 

ライトのセットが3つなので、3人で行くことに。

行くメンバーは千空、クロムそして最後の一人がマグマだった。

 

携帯電話を利用している方は

1ヵ月無料利用できる(ブックパス)が便利です!

 

『Dr.STONE』第54話の感想と次回予想

あきらめかけていた千空だったが、村のみんなの助けのおかげでケータイ作りに光明が見えた。

次回は以前に一悶着あったマグマとの探索である。

どんな掛け合いがあるかが楽しみだ。

 

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!