週刊少年ジャンプで連載中の『Dr.STONE
2018年4月9日発売の19号の第53話のネタバレです。

一瞬にして世界中すべての人間が石と化す、謎の現象に巻き込まれた高校生の大樹。数千年後──。目覚めた大樹とその友・千空はゼロから文明を作ることを決意する!! 空前絶後のSFサバイバル冒険譚、開幕!!

スポンサーリンク





『Dr.STONE』第53話「スパルタ工作クラブ」

前回、綿あめ器を自動でできないかと考え、
水の流れを利用することを思いつくクロム。

千空もこれは知らないだろうと思い、自慢するがやはり知っていた。
しかし、千空も驚き自動綿あめ器から水力発電所に発展させる。

 

動力を手に入れたことにより、科学技術がかなり発展していく。
まずは電気を貯めておくバッテリーの開発から始める。

 


バッテリーを開発することによって、
手動で発電することがなくなり喜ぶ金狼と銀狼。

 

次に水車をさらに活用するために
ギアの作成に千空が取り掛かるが、うまくいかずに設計図を見直すことに。

 

そこに疲れ切って休んでいた
クロムとカセキが千空の設計図を見て、自身も手伝うことを伝える。

 

ギアの開発が完成し、水車も更に利用することになる。

 


製鉄のために火に空気を送っていた装置も自動化する。

 

ラーメンを食べるための代価だと
手伝わされていた村人たちも喜ぶ。

 

千空は楽するためじゃねぇ

 

開発を一通りした後は冬の備えとなる。
千空の知識により、びん詰などを作り冬の備えも大分楽となる。
その他にもワイン造りも実践する。

 

冬の備えが一通り終わった後には、
電球づくりに取り掛かる千空。

 

電球づくりは難しいと言うと、

千空がもう心が折れたのか

カセキは
桁違いに大変になったが、桁違いに楽しい」と答えた。

 

電球づくりもうまくいき、初点灯の時に雪が降ってくる。

 

クロムがやめるかと言うが、

千空は今日がいい

 

電球を点灯させる。

 


点灯したその日はクリスマスで、その日に合わせて初点灯を迎えた。

 

電球が出来たことにより、
洞窟のさらに先に行けることを思いつくクロム。

 

『Dr.STONE』第53話の感想と次回予想

今回は開発も早かったが、時間経過も早く進んでいた。
テンポよく物語が進んで、読みやすい。

次回は洞窟探検により、新たな鉱物を手に入れると思われる。
さらに作れるものが増えて科学サイドは発展していくと思われる。