週刊少年マガジンで連載中の『DAYS
2018年4月18日発売の20号の最新話、第244話のネタバレです。

 

『DAYS』を読む

 

中学校ではいじめられっ子だった柄本つくしは、高校入学前に同い年のサッカーの天才・風間陣と偶然知り合い、フットサルの誘いを受ける。フットサルの試合に出場した柄本は、下手なりに必死に走ってゴールを奪う。その後風間も柄本と同じ聖蹟高校の生徒だったことが分かり、サッカー初心者の柄本がサッカー名門高校でチームメイトと共に成長していく。

 

スポンサーリンク





『DAYS』第244話のネタバレ!

「敗れ往く者」

聖蹟と梁山の試合が終わり、選手退場に。

 



 

 

梁山の選手たちが退場していく時に観客から

 

「惜しかったぞ!」



「もっと見たかった」

と声援を送られる。

 

舌打ちをしながら退場していく碇屋に加藤が

「肩を貸そう」と申し出る。

 

「いいよ、うぜー」と答える碇屋に対して、


加藤は「仕方ない」と言い、おんぶをしていこうとする。

 

碇屋が加藤におんぶされているところを想像し、「ざっけんな」と逃げていく。

 

 

加藤は走っていく碇屋を見て

「膝の再発じゃないらしい」と安心する。

 

退場するマルコを見て、
子供たちが「負けちゃやだ」と泣き始める。

 

ロッカールームに行き、志村が大泣きをしている。
泣いてる志村の頭を中野が叩き、

「お前はよくやった、自分を責めるな」と伝える。

 

チームメイトが碇屋にどこを怪我しているか尋ね、碇屋が答える。
チームメイト達は怪我に気付かなかったが、加藤と監督は気付いていた模様。

 

監督がみんなに労いの声をかける。

 

負けた選手たちの顔を見て、

「前監督は何度もこんな想いを」と気付く。

 

自分は指導者である前に
教師であることを告げ、未来の話をし始める。

 

 

進学する者、サッカーを続ける者、

また別の道を選ぶ者、更に上のステージを選ぶ者。

 

それぞれみんなに

「もし可能なら梁山サッカー部を・・・」


「忘れないで」と涙を流す。

 

マネージャーが選手たちのユニフォームを回収していく。

 

マルコのユニフォームも回収しようとし、マルコが背番号について想いを馳せる。
高校生が終わりなのだと実感し、涙を流すマルコ。

 

マネージャーが加藤はどこに行ったのかと疑問に思う。

 

 


加藤がフィールドに一人戻ってきて、
フィールドに向かってお辞儀をする。

 

 

携帯電話を利用している方は

1ヵ月無料利用できる(ブックパス)が便利です!

 

コミックのレンタルもおすすめです。
見たい単行本だけ借りる事ができる

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!

 

『DAYS』第243話の感想と次回予想

今回は梁山に焦点を当てた、試合後の話だった。

高校生活最後の試合が終わり、
選手たち、監督、マネージャーの色々な想いが描かれている回だった。

次回はこれからも試合が続いていく聖蹟の今後の話になるだろう。

 

『DAYS』を読む