週刊少年ジャンプで連載中の『火ノ丸相撲
2018年5月2日発売、最新の23号の第191話のネタバレ

 

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓
『火ノ丸相撲』を読んでみる

 

弱小の大太刀高校相撲部に現れた1年生、“小さき”少年・潮 火ノ丸! 「デカく」「重く」が絶対の競技に似合わぬ体格のこの新入部員、実はとんでもない過去が!? 頂点・横綱を目指す──ド白熱高校相撲、開幕!!

 

『火ノ丸相撲』20巻の発売日はいつ?!

 

スポンサーリンク





『火ノ丸相撲』第191話のネタバレ

「第48回刃皇会議…!!」

巻頭カラー!!

刃皇の打倒に期待を持たれている力士達のインタビュー番組が始まる。



 

最初に鬼丸のインタビューが放送され

インタビューの回答が無難でイマイチと部屋の人に言われた。

 

次が冴ノ山のインタビューも始まるがこちらも無難なインタビュー

 

童子切のインタビューとなり、

 

前の二人と比べてかなり柔らかいインタビューの回答になる。

 

記者の質問に答えながらも最後には


「今場所刃皇を止めるのはこの俺、童子切や」

と宣言をして、インタビューが終わる。

 

他に大般若、三日月とインタビューが続いていく。

 

インタビューを見ている駿海の病室の場面となり、駿海がレイナに

 

「刃皇ばかりにかまけても優勝なんてできねぇぜ。なんせ今場所はーーー

ついに番付上位に国宝達が集結・・・ベテラン上位陣も巻き込んで凄絶な星の食い合いになるだろう」

と鬼丸への伝言を頼んだ。

 

そして、草薙のインタビューとなり、大和国親方に


「今場所優勝したら『大和国』の四股名をください」

 

 

最後に刃皇へのインタビューとなる。

番組司会に

「お眼鏡に適う力士はおりましたでしょうか?」

と聞かれ、

「『刃皇会議』を始めますので、少々お待ちください」

刃皇が脳内で会議を始める。

 

脳内では、

「何人か楽しみなのがおり、尻を叩いたかいがあった」との意見があり、

 

最後にもうひと叩きしようとする。

 

刃皇が力士全員に

「そこに愛はあるのかい?」

それを見ていた鬼丸は


「ちゃんと受け止めてくださいよ

ワシの愛を!

と闘志を燃やす。

 

コミックのレンタルもおすすめです。
見たい単行本だけ借りる事ができる

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!

 

 

『火ノ丸相撲』第191話の感想と次回予想

今回は様々な力士のインタビュー回だった。

久しぶりに出てきたキャラクターも多くいた。

九月場所へのプロローグ的な回となった。

 

次号からおそらく九月場所となるだろう。

大相撲篇が始まった当初にモノローグで出てきた、「灼熱の夏」となるような盛り上がりを見せるだろうことが予想される。

 

携帯電話を利用している方は

1ヵ月無料利用できる(ブックパス)が便利です!