ビックコミックスピリッツで連載中の『アオアシ
2018年19号4月9日発売の第134話のネタバレです!

 

アオき原石よ、「Jユース」で飛翔せよ!
愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)。

粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、
まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――

そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」の
ユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。

アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、
東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?

将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、
ここから急速に回り始める!!

 

スポンサーリンク





まんがを無料で読む方法

アオアシを実際に読んでみたい方は

まんが王国で試し読みできます。

まんが王国で試し読み


 

携帯電話をご利用の方は

ブックパスでも読むことが出来ます。

ブックパスは登録から31日間無料で利用できるサービスがありますので

是非お試しください。

ブックパス試し読み

 

 

動画も楽しめる

『FODプレミアム(1ヶ月間無料)』


8の付く日キャンペーンで毎月1300ポイントがたまりますので
コミック3冊分がポイントで購入することが出来ます。

漫画の他にも映画なども視聴することが出来ます
無料期間をうまく利用してお試ししてみましょう!

FODプレミアム(1ヶ月間無料)

 

 

『アオアシ』第134話「悪魔的な、あまりに悪魔的な」

とうとう後半の終盤にエスペリオンはエース栗林を投入。

 


投入した瞬間にピッチ上の雰囲気が一変してしまう。

 

アシトにはもし困ったら
栗林にとりあえずボールを預けろと指示を受ける。

 

プレーが始まりその瞬間から栗林はとんでもないプレーを魅せつける。

 

 


ゴールキーパーからの背後のボールを
ボールの位置を確認せずに背中に目があるかの如く、簡単にトラップしてしまう。

 

柏商はトラップの瞬間に栗林を囲んで
ボールを奪取するつもりだったが、そんなことは全くできない予測不能だったトラップであった。

 

このトラップにより簡単に
ボールをゴール前に運んでしまうエスペリオン。

 

ボールは義経へ渡り、
背後には2次、3次とエスペリオンの選手が柏商のゴールへと駆け上がってくる。

 

いつでも波状攻撃が出来るように。


義経は自分でシュートをせずに横に簡単にはたき、
ボールを受けた選手はいとも簡単にゴールを奪ってしまう。

 

その一連のプレーの流れに柏商ベンチは恐れ慄く。

 

さらに栗林の悪魔のようなプレーは続く。

 

栗林のプレーに連携しエスペリオンの選手たちも躍動し
柏商はなにもできないチームになってしまった。

 

栗林は「このチームが一番やりやすい
というくらいトップチームの素晴らしい選手たちより長年一緒にプレーしている面子の方が栗林の力が発揮しやすいのだろう。

 

次のプレーでも簡単に柏商ゴール前までボールを運び
シュートを打つも、柏商のゴールキーパーのナイスセーブでなんとかゴールを死守する。

 


そのゴールキーパーの表情はブルブルと震える小動物のようだ。

 

アシトはそんな栗林のプレーに圧倒され
自分との格の違いをまざまざと見せつけられる。

 

しかし、ベンチの福田はアシトには
栗林と違うプレーを考えて欲しいと考えていた。

 

アオアシ』感想と次回の予想

栗林の存在感はまさにファンタジスタ。

アシトはアシトの栗林を超える能力があるはず。
次回その能力を魅せることが出来るのか?

 

ブックパスは登録から31日間無料で利用できるサービスがありますので
是非お試しください。

ブックパス試し読み