週刊ヤングジャンプで連載中の『BUNGO
2019年12月12日発売の2号の最新話、第212話のネタバレです!

 

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓
『BUNGO』を読む

 

少年野球チームのない町に育った石浜ブンゴは買い与えてもらったボールをブロック塀に投げ込む毎日。そんな「壁当て」に心血を注ぐブンゴのもとに、少年野球日本代表の野田ユキオが現れて、二人は予期せぬ対決へ…!! のちに中学校で邂逅した二人は、揃って超強豪「静央シニア」へ入団する──!! 甲子園のための甲子園を超える死闘、中学野球で、少年達の情熱が乱れ弾ける──!!

 

スポンサーリンク





『BUNGO』第212話のネタバレ!

 

『ブンゴ』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

『BUNGO』20巻の発売日いつ?

 

ブンゴ【212話】選ばれし者

 

球場全体が大歓声に包まれ・・・。
この試合最高の盛り上がりを見せています。

 

 

 

それは・・・誰がどうみても、何をどう考えても、たとえ野球というスポーツを知らない者でも分かる・・・全てが決するとき!

 

 

この試合の命運は、2人の選手にゆだねられたのです。
その様子を見て、スタンドの家長は話し始めます。

 

 

 

これは、究極の矛と盾の戦い・・・。

 

 

 

なぜなら、2人は今大会において、1度も打たれたことのない投手と、1度も打ちとられたことのない打者だからです。

 

 

 

静央の投手、石浜文吾の成績は、8回投げて失点0、被安打も0の15奪三振。

 

 

当然、防御率は0.00です。

 

 

対する冨士ケ丘の河村は、13打席13安打。本塁打9本で打点が17点。
当然、打率は1.000.

 

 

 

この試合を決める対決は、共に完全記録同士の対決となったのでした。
打席に立った河村は、長かったと呟きます。

 

 

 

文吾との対戦を熱望していた河村ですが、この試合の先発に選ばれたのは瑛太。
静央は、何があっても投手に連投をさえない伝統がありました。

 

 

 

前の試合に投げている文吾がマウンドに上がることはない・・・。
それでも河村は、瑛太を打ち崩せば文吾が出てくると思っていたのです。

 

 

そして・・・河村の思いは、今現実となりました。
ここまでの過程を、ゲームのラスボスに辿り着いた気分だと話す河村。

 

 



 

 

試合前に自分が言った通りになったと言うのです。
さらに話を続ける河村は、ホームランを打った第1打席について語り始めました。

 

 

 

野田が前の試合で見せた片手ホームラン。
河村も、それを実践して見せたのです。

 

 

 

それは、野田のことを高く評価している文吾に、自分の方が野田より上だとアピールする河村の作戦でした。

 

 

 

そこまでして熱望した文吾との対決に、笑みを抑えることができない河村・・・。
自分と文吾は、選ばれし者だと話した瞬間・・・。

 

 

 

文吾がマウンドで振りかぶったのです。
その行為に、驚く河村。

 

 

 

スタンドも騒めきました。

 

 

 

なぜなら、河村はまだ構えておらず、審判も合図を出していません。
すのまま、内閣にストレートを投げ込む文吾。

 

 

カウントは無効ですが、長々と話す河村を黙らせる気合を見せたのでした。

『ブンゴ』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

ブンゴ『BUNGO』第212話の感想と次回予想

 

河村VS文吾。富士ケ丘との試合で、最大の見せ場となりました。この2人の対決で、この試合の行方が決定します。前置きが長く、河村が話し続けるシーンが多くありましたが、話せば話すほど河村に対する嫌悪感が増していきます。

 

完全にヒール役になった河村を、文吾が完膚なきまでに叩きのめす瞬間が楽しみです!ここからは数話に渡って、文吾と河村の勝負が描かれると思います。

 

勝負の結果は、文吾が河村を三振に抑える・・・。そう予想します。

 

↓【コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan↓
『BUNGO』を読む