ビッグコミックで連載中の

空母いぶき GREAT GAME(グレートゲーム)

2020年5月10日発売の10号に掲載された

最新話、第33話の5巻収録のネタバレです!

第33ソーティ「留萌沖海戦」

 

空母いぶきグレートゲーム【4巻】発売日とネタバレ!

 

 

日本が尖閣を巡る戦闘を経験してから5年後の20YX年。
氷の融解が進む北極海に、海上自衛隊の護衛艦が調査目的で派遣される。
艦長は、蕪木二佐。空母「いぶき」の次期艦長に推されているこの男が大きな決断に迫られる…‼

作者:  かわぐちかいじ
原案協力:  惠谷 治
協力:  八木勝大・潮匡人

 

 

最新刊の空母いぶきの立ち読みは・・・こちら


『空母いぶき』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ
最新号のビッグコミックを読もう!
※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

スポンサーリンク





空母いぶきグレートゲーム【第33話】最新話のネタバレ

 

空母いぶきグレートゲーム【第32話】ネタバレ!

漫画や雑誌の最新刊を直に無料で読める方法を紹介!スマホやPCで快適に!



 

空母いぶき【13巻】最終巻のネタバレ!

 

 

GREAT GAME(グレートゲーム)
第33ソーティ 「留萌沖海戦」

 

首相官邸ではいぶき艦隊がしょうなんを無事収容・曳航体勢に入ったとの報を受ける。

しかし、ロシア艦隊がいぶき艦隊への接近を止めず進行中。

 

 

 

以前緊迫状態であることが確認させれた。

 

 

 

そして、いぶき艦隊が北方領土・国後水道を避けたことにより、

国際社会に北方四島がロシア領土であると認めたようなものだと、

首脳陣は憤慨していた。

 

 



 

 

その時、艦隊司令部より打診が入る。

 

 

ロシア艦隊がいぶき艦隊へミサイルを発射し、

いぶき艦隊もミサイル迎撃のためミサイルを発射したということだった。

 

 

 

栗田はロシア艦隊より発射されたミサイルが新型ではない、当たれ!と念じた。

栗田の念が通じたのか2基残し迎撃することができた。

 

 

 

そして、残り2基も撃墜しロシア艦隊より発射されたミサイル40基すべての迎撃に成功した。

 

 

 

これでロシア艦隊の動きが止まると思われたが、

ロシア艦隊は以前いぶき艦隊への接近を止めない。

 

 

 

このまま行けば全方にあるロシア艦隊に最接近し、

お互いが主砲での攻撃となる。

 

 

 

そうなれば明らかな損害、死傷者がでるだろうと栗田は感じていた。

首相官邸では北方の陸空の自衛隊がいつでも動けるような体勢が整っていた。

 

 

 

首脳陣たちは首相にいつ防衛出動されるのかと問うていた。

 



 

 

柳沢総理はいぶきがとった津軽海峡を通るルートから、

そこへいぶきが入ってまで接近もしくは攻撃してくれば防衛出動すると宣言。

 

 

 

そして、柳沢総理は

「凧が一番高く上がるのは、風に向かっている時である。風に流されている時ではない」

というチャーチルの名言を言いこの状況を考えていた。

 

 

空母いぶきグレートゲーム【4巻】発売日とネタバレ!

『空母いぶき』ビッグコミックをすぐに無料で読む

 

空母いぶきグレートゲームの最新話を紹介しましたが
やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は

U-NEXTは、ビッグコミックオリジナルも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので
ビッグコミックオリジナルを画像付きで楽しんでください。

 

U-NEXTでビッグコミックを無料で読む

 

U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、
登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう!

また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください!

 

空母いぶきグレートゲーム【33話】ネタバレと感想

 

『空母いぶき』最新話を無料で読めるサイトは・・ここ
最新号のビッグコミックを読もう!
※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません


 

何とかミサイルの迎撃に成功したいぶき艦隊。実際の自衛隊もかなりの実力が伴っているという噂だから、非常に心強いものである。

次回、津軽海峡に入ったいぶき艦隊。しかし、ロシア艦隊の動きは変わらず。さらに攻撃をしてきた。そこへ蕪木がとった意外な行動とは!?