「なかよし」で連載中の秘密のチャイハロの最新話12話のネタバレを紹介します。

12話は2018年11月2日発売の12月号に掲載されました。

 

秘密のチャイハロの立ち読みは・・・こちら

ストーリー

家がビンボーな主人公・愛が足を踏み入れたのは
子ども専用のハローワーク。
そこはとんでもなく恐ろしい場所で…!?

秘密のチャイハロ【3巻】発売日いつ?

 

スポンサーリンク





秘密のチャイハロ 12話のネタバレ

 

恋歌の父の正春に「お父さんのところに来ちゃいけない。

 

お父さんは人を殺したんだ」と衝撃の一言を言われた愛と正春の娘の恋歌。

 

あれは正春のせいじゃないと言われますが、人が1人なくなったことに変わりはないと言う正春。

 

なにがあったか教えてくれませんか?

と尋ねる愛に正春はサラリーマン時代の話を始めます。

 

8年前とても有名な企業で働いていた正春でしたが、中身はかなりのブラック企業だったのです。

 

お昼ご飯を食べる暇もなく、「君のとこのチームの売り上げ落ちてるね。のんきに食べてる場合じゃないよ」とかつ丼の丼をあたまからぶっかける部長。

 

1日のノルマをこなせないと家にも帰れないほどでした。

 

女性社員の槇原は震えながら青い顔で

1週間も家に帰れないまま仕事をこなしていました。

 

 

そんな彼女を見て正春は代わりにやっておくから帰れと言いますが、それをみた部長にさらに仕事を追加される正春。

 

そんな正春をみてやっぱり自分もやると言って槇原は笑顔を見せました。

 

始めはその異常さに気づいていたのに徐々にそんなことを気にする余裕もなくなる正春。

 

しかしある日槇原は過労で亡くなってしまいます。

 

このことは勝手に正春のせいにされ、

槇原の父親からも「おまえのせいで娘は死んだ」と言われます。

 

 

そのことがきっかけで正春は恋歌が2歳の時に会社を辞めます。

 

しかしそのことはすぐに週刊誌で取り上げられて

正春はブラック企業の人殺しと呼ばれるように。

 

別の会社を探しても顔が知れているのでやとってくれることはありませんでした。

 

一方生まれてすぐ子役事務所に入って赤ん坊のモデルをしていた恋歌。

 



 

 

4歳の時に大きな仕事が決まりますが、

マネージャーに脅迫するように「娘のために離婚しろ」と言われます。

 

それから恋歌のために離れて今のところでひっそりと働いている正春。

 

 

今も槇原の家に償いとして毎月お金を払っているというのです。

 

わざと自分からつきはなそうとする正春に恋歌は愛に帰ろうと言い、今女優として落ち目なのを知られたらパパにまで見放されると今にも泣きだしそうな顔をして言います。

 

愛は互いを思いやってる2人をなんとかしたいと思っていました。

 

愛は一人で正春のもとへ行って、女優を辞める前にお父さんに助けてもらいたくてここに来たのだと言います。

 

その話を聞いて愛は正春を連れて駅へ向かいます。

 

「視聴率なんてどうでもいい。父さんはお芝居してる恋歌が大好きだ」と言って抱き締める正春。

 

そんな正春に恋歌は、またゼロから頑張るからと言って

 

だんだん遠くなっていく正春を見て涙を流しました。

 

チャイハロの社長の龍羽は愛の仕事ぶりを確認すると次はSランクの仕事のX地区の潜入捜査をやらせようというのでした。

 

秘密のチャイハロ 最新話の感想と13話の予想

恋歌編は結構長く続きましたが、いざ終わるとなるとなんだか寂しく感じます。

 

正春のように責任を押しつけられて

辛い立場にいる人は大勢いると思いますが、

 

それにしても会社の責任を社員1人に押し付けるのは酷だなと思います。

 

最後は少し救いがあってよかったです。

 

 

次回13話は
愛が引き受けるさらにきついであろうSランクの仕事内容。

 

最期に

秘密のチャイハロ【3巻】発売日いつ?

 

秘密のチャイハロの最新話のネタバレを紹介しました。

 

秘密のチャイハロの立ち読みは・・・こちら